「鶏に謝れ。」な京都の新名物「ハイライトカツサンド」をさっそく食べに行ってきました

このエントリーをはてなブックマークに追加



京都で学生時代を過ごしたなら知らない人はいない超有名デカ盛り食堂「ハイライト」がカツサンド専門店「ハイライトカツサンド」をオープンしたのでさっそく食べに行ってみました。詳細は以下から。

京都大学吉田キャンパスの目の前に本店を構え、市内に5店舗を展開する「ハイライト」が本日カツサンド専門店「ハイライトカツサンド」を阪急烏丸駅からもほど近い街中にオープンしたので突撃してみました。


「ハイライトカツサンド」のロケーションは阪急烏丸駅のある四条烏丸交差点から徒歩で5分ほど、大丸やApple京都から一本南に下がった綾小路通沿い。


ここは目抜き通りとなる繁華街の四条通の裏道で、おしゃれなお店や雰囲気のある町屋の立ち並んでいます。今日はあいにくの小雨でしたがすでに数人開店待ちのお客さんが。


お店の正面です。町屋を改造したつくりのお店で、落ち着いた壁の色にポップなカツサンドがデザインされています。



そして何度見てもインパクト抜群な「鶏に謝れ。」のキャッチコピー。あえて選んだと思われる無骨なフォント、そしてあえて打ったと思われる句点に釘付けになります。計算されつくされていますね。


お店の中は町屋らしく「ウナギの寝床」式の縦長です。入ってすぐのレジで注文と清算を済ませ、レシートの番号を呼ばれたらカツサンドを受け取って席に着くシステムです。スタバなどのカフェと一緒ですね!


古風な板張りの床にどっしりとした座り心地のよいソファー。食べ物をかっ込むよりもゆっくりとした時間を過ごしたくなる素敵な雰囲気です。




奥には美しい坪庭も。こういう心配りが京都の老舗のおみせやなぁとしみじみ感じさせてくれます。客席を無理矢理詰め込むような無粋な真似はしないのです。


やってまいりました。チキンカツサンド。


縦長の食パンのトーストにチキンカツが挟まれているスタイル。創業者が家族だけに振舞っていた隠れた一品とのこと。


ブラックカラントのオーガニックソーダと一緒にいただきます。


チキンカツは分厚過ぎず、さっくり揚がっています。ほんのり酸味のあるキャベツのサラダが一緒にはさまれており、こちらとの相性が抜群。こうした一枚肉のサンドイッチでは、噛み切れなくて食べにくい場合もあるのですが、ハイライトのチキンカツサンドはまったくそんなことがなく、サクサク食べれます。


デカ盛りのハイライトだけに持ちきれないほどのデカ盛り路線を最初は想像していましたが、あくまでサンドイッチとして最適化されているこだわりと繊細さはさすがです。

テイクアウトも受け付けており、近場の人はオフィスで昼食にするにもいいでしょうし、鴨川まで10分ほど散歩してピクニックもいいでしょう。サラダのドレッシングも垂れるようなつくりにはなっておらず、食べる人の食べやすさがしっかり考え抜かれています。

開店早々とのこともあり、早めに退散しましたが、ひっきりなしにお客さんが訪れ、お祝いが届いている様子は京都で愛され続けてきたハイライトの歴史を思わせる光景でした。

美味しいチキンカツサンドを食べるのにも、素敵なカフェでひと休みするのにも最適な新スポットの誕生といったところでしょうか。

・関連記事
京都の超有名デカ盛り食堂「ハイライト」がカツサンド専門店「ハイライトカツサンド」をオープン | BUZZAP!(バザップ!)

天下一品の伝説的名店「五条桂店」が9月20日で閉店となるので食べに行ってきました | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】最後のスガキヤが京都市から撤退するので食べに行ってきました | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】Apple京都、8月25日10時に四条高倉にてオープン | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

グルメに関連した楽天商品ランキング