Xiaomiが5Gスマホに独自カスタムのプロセッサ開発へ、MediaTekと連携



「他とはひと味違う格安5Gスマホ」が実現するかもしれません。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、XiaomiはMediaTekと綿密な連携を行い、5Gスマホ向けにカスタマイズされたプロセッサを共同開発するそうです。

Xiaomiは先日、Samsung製の有機ELディスプレイや4眼カメラを備えた2万円台の格安5Gスマホ「Xiaomi Redmi 10X」「Xiaomi Redmi 10X Pro」を発表。


プロセッサにAnTuTuベンチマーク41万を誇るMediaTekの5G対応プロセッサ「Dimensity 820」を採用。なんと格安スマホにもかかわらず、Snapdragon 855と並ぶ高い処理能力を実現しています。


Dimensity 820で大きく化けたMediaTekと手を組むXiaomi。グラフィック部分を強化し、ゲームに特化したモデルのリリースなども期待できるかもしれません。

・関連記事
大人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデルさらに値下がり、2万円前半に | BUZZAP!(バザップ!)

「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

2万円台の5Gスマホ「Xiaomi Redmi 10X」シリーズ爆誕、格安なのに超高性能なバケモノじみたモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  2. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  3. 「Xperia 10 IV」「Xperia Ace III」速攻レビュー、カメラ刷新や大容量バッテリー搭載でより使える1台に
  4. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に
  5. 【速報】iPlay 40対抗の「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリータブレット

モバイルに関連した楽天商品ランキング