3GHzオーバーの「Snapdragon 865 Plus」発表、ASUSが「ROG Phone 3」に搭載へ



多くのスマホで採用されているプロセッサ「Snapdragon」シリーズのクロック数が3GHzの大台を超えました。詳細は以下から。

クアルコムのプレスリリースによると、同社は新たに「Snapdragon 865 Plus」をリリースしたそうです。

Snapdragon 865 PlusはCPU「Kryo 585(最大3.1GHz)」およびGPU「Adreno 650」で構成。

Snapdragon 865と比べてCPU、GPU共に最大10%パフォーマンスが向上しており、10億色以上の非常にリアルな色合いで最大144fpsのぬるぬる動くゲームプレイなどを提供するとのこと。


さらにモデムチップセット「Snapdragon X55」によって下り最大7.5Gbps、上り最大3Gbpsの5G対応はもちろん、「FastConnect 6900」と呼ばれる技術によって60GHz帯を用いた最大3.6GbpsのWi-Fi通信速度を実現しています。

なお、Snapdragon 865 Plusを搭載したスマホは2020年第3四半期にリリースされる予定。具体的にはASUSが「ROG Phone 3」への搭載を予定しているほか、Lenovoもゲーミングスマホ発売を明言しています

・関連記事
ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ | BUZZAP!(バザップ!)

Xiaomiが5Gスマホに独自カスタムのプロセッサ開発へ、MediaTekと連携 | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ各社が「脱Snapdragon」促進へ、「Oppo M1」など独自プロセッサ開発か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング