「1万円台の5Gスマホ」まもなく登場、新型コロナで業績急降下のスマホメーカーがちんこ勝負へ



新型コロナ流行でスマホの販売減が続く中、メーカー各社が切り札を投入します。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国のスマホ出荷台数が2020年下半期に大きく減少するおそれがあるそうです。

これは新型コロナウイルスの感染爆発で、海外市場へのスマホ輸出が落ち込むことが原因。感染者が世界規模で増え続ける中、需要が回復する気配は当面ありません。

また、中国のスマホメーカートップ4(Huawei、Oppo、Vivo、Xiaomi)は2020年第2四半期に国内販売台数の82.3%を占めましたが、これは海外市場の混乱で輸出がままならず、国内市場に集中することを余儀なくされたため。

しかしHuaweiの出荷台数が前年比2.1%増加した一方、Oppo、Vivo、Xiaomiはすべて前年比で出荷が減少。Xiaomiに至っては海外出荷の大幅な後退で27.1%減となるなど明暗が分かれています。

なお、メーカー各社は売り上げを伸ばすため、2020年下半期に1000人民元(約1万5000円)の5Gスマホを出荷する予定。低価格市場で各社が仁義なき争いを繰り広げることになります。

ちなみに格安5Gスマホ向けプロセッサとして期待されているのが、先日発表されたMediaTekの「Dimensity 720」。


ハイエンドスマホ向けプロセッサと同じ7nmプロセスで製造され、2G~5Gまでの各種通信方式や世界各国のバンドをサポート。処理能力も低くなく、AIやUFS 2.2の高速ストレージに対応するなど、基本性能は十分です。


HDR10+および90Hzの表示性能や6400万画素カメラ、デュアルマイクを使ったノイズ抑制などにも対応しています。


競合となるのはクアルコムの「Snapdragon 690」。格安5Gスマホをめぐってメーカー各社、そしてクアルコムとMediaTekの戦いが繰り広げられそうです。

・関連記事
【速報】Snapdragon 865搭載の「Xiaomi POCO F2 Pro」4万円台に値下がり、5G対応で6400万画素4眼カメラや美麗有機EL採用の格安スマホ爆誕 | BUZZAP!(バザップ!)

超格安スマホ「ZenFone Max Pro (M1)」値下がりで再び9000円台に、本格カメラと大容量バッテリー搭載の大人気SIMフリーモデル | BUZZAP!(バザップ!)

人気爆発中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」レビュー、大画面・高性能・4眼カメラ・大容量バッテリーなど納得の完成度に | BUZZAP!(バザップ!)

Core i5搭載の人気ミニパソコン「CHUWI CoreBox」発売早々2万円台に大幅値下がり、805グラムの超軽量ボディに充実の性能 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に
  2. 【速報】1万円の新型タブレット「BMAX MaxPad I9 Plus」値下げ、ステレオスピーカー搭載で動画視聴も快適に
  3. 【速報】大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  4. 新型スマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万円台に、格安なのに120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載
  5. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用の高性能タブレットが圧倒的な安さに

モバイルに関連した楽天商品ランキング