ファーウェイ「スマホ出荷台数世界1位」に、不動のトップだったサムスンとついに逆転

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界でも類を見ないレベルの逆境下での逆転劇です。詳細は以下から。

Huaweiのプレスリリースによると、2020年第2四半期のスマホ出荷台数で同社が世界トップに躍り出たことを調査会社「Canalys」が発表したそうです。

Canalysによる出荷台数推移。Oppo、ViVo、Xiaomiの台頭が影響してか、HuaweiもSamsungも2019年からシェアを落としていましたが、新型コロナウイルスの影響でSamsungの主戦場である北米やヨーロッパ市場が大混乱に陥ったことがシェア逆転につながったようです。


シェアトップに躍り出たことを受け、Huaweiは以下のような声明を発表。本来なら5Gで花盛りとなるはずのスマホ市場ですが、「前例のない世界的な景気後退」と述べるなど、市場環境が非常に厳しいことを示唆しています。

私たちのビジネスは、このような困難な時代において強い回復力を発揮しました。前例のない世界的な景気後退と課題の中、私たちは成長を続け、革新的な製品と体験を消費者の皆様に提供することにより、リーダーシップをさらに前進させました。

5G、AI、およびIoTがますますユビキタスに成長する未来に目を向け、あらゆる人々の生活の中でシームレスなAIライフを実現する戦略に引き続きフォーカスしてまいります。スマートフォン、タブレット、PC、ウェアラブルに至る当社のテクノロジーは、消費者の皆様への責任とそのニーズを満たすことに基づいています。

引き続き日本のお客様のニーズに応える、最先端で革新的な製品をお届けできるよう努力してまいります。

・関連記事
「1万円台の5Gスマホ」まもなく登場、新型コロナで業績急降下のスマホメーカーがちんこ勝負へ | BUZZAP!(バザップ!)

日本政府が5G、6Gでファーウェイ(年間研究費2兆円)追撃、NECや富士通、楽天モバイルに700億円もの支援 | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイがGoogle Play搭載の「Honor 9X Lite」「Honor 20e」発売、かなり苦肉の策を採用 | BUZZAP!(バザップ!)

5Gスマホさらに値下がりへ、鍵を握るのはファーウェイか | BUZZAP!(バザップ!)

5Gスマホ中国で爆売れ、1ヶ月で「日本の携帯電話年間販売台数の半分」を売り上げる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  2. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  3. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  4. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  5. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました

モバイルに関連した楽天商品ランキング