GoogleのAI、観光客らの写真から超精密な3Dモデルを作成可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



私たちが何気なく撮影した観光地の写真がとんでもなく精密な3Dモデルの材料になるかもしれません。詳細は以下から。

私たちがテレビやネットで目にする世界中の観光名所。いつでも行けると思っていても、バーミンヤンの大仏ノートルダム大聖堂首里城のようにある日突然失われてしまうこともあります。

そんな時、記録としても復興のための資料としても存在していた時の画像や映像は非常に重要ですが、Googleのディープラーニング人工知能研究チーム(Google Brain)は観光客らがネットにアップした画像から3Dモデルを作成できるAIを開発しました。

これはGoogle BrainのNeural Radiance Fields(NeRF)という技術を用いた「NeRF in the Wild」という新技術。


ネット上に公開されている、観光客らの撮影した数千枚の写真をもとに、対象となる建造物などを非常に精密で美麗な3Dモデルとして構築するものです。


ニューラルネットワークが画像から幾何学的な情報を取り入れ、観光客の写真にありがちな人間や自動車のような一時的な対象を除去し、光の加減を含めてなめらかな映像へと調整していきます。


どのように調整が行われ、実際にどのような3Dモデルがつくられるかは公式動画から確認することができます。


現実世界と見分けがつかないほどの3DモデルがVR空間に登場する日も遠くないかもしれません。

・関連記事
【悲報】Google DeepMindのAI、「裏切り」の有益性を発見する | BUZZAP!(バザップ!)

GoogleのAIが自力で「子AIの作成」に成功、しかも人間作より優秀 | BUZZAP!(バザップ!)

人肌をタッチパッドにするタトゥー「SkinMarks」が開発、Googleが出資 | BUZZAP!(バザップ!)

「VR内で温度を感じられる装置」が開発される、匂いを使って錯覚を誘発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング