「新型コロナ対策」デマで800人が死亡し60人が失明、世界的調査で明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型コロナに対しては、科学的にしっかりと認められていない対策や治療法と称するデマが横行しています。

そうしたデマの中には大統領や地方自治体の首長らが推奨するケースもあり、判別が容易ではありませんが、場合によっては死に至ったり重い後遺症を負うこともあるため細心の注意が必要です。詳細は以下から。

世界中の研究者らが参加した新型コロナウイルスを巡る噂やデマ、陰謀論に対する調査結果がジャーナルAmerican Journal of Tropical Medicine and Hygieneにて公開されました。

それによると、少なくとも世界の87ヶ国で2000を超える「誤報」がSNSを中心としたネット上で拡散し、その中には800人が死亡する極めて有害なデマも含まれていました

この研究は2019年の12月31日から2020年の4月5日までにネット上で見つかった噂、誹謗、差別、陰謀論などの誤報を3種類に分類して調査したもの。3種類の中で最も多かったのは、2311の報告の89%を占める「不確定な噂」です。

これらは「新型コロナに効く」と称した治療法を含んでおり、牛の糞尿を食べる、ラクダの尿をライムと共に飲むといったものから、漂白剤を飲むといいとするものも。トランプ大統領が言及した「消毒液を注射」発言もこの中に入ります。


これらの噂の中には無害なものもありましたが、「全身に塩素を噴き付ければ感染しない」といった危険なものもあります。

また「塩水で口の中を洗えば感染しない」といった一見無害な噂でも、韓国の教会がこれを信じて信者らの口に次々と塩水をスプレーした結果100人ものクラスター感染が発生したというケースも。

最も危険だった噂は「高濃度のアルコールが身体を殺菌し、ウイルスを殺す」というもので、世界のいくつかの国や地域で拡散。この結果、メタノールを飲んで世界で計800人が死亡し、5876人が救急搬送され、60人が失明したと報告されています。

次に多かったのが陰謀論で、これは新型コロナウイルスの起源や悪意に満ちた「目的」などについてのもので、7.8%を記録。

これは以前BUZZAP!でも指摘したような、ビル・ゲイツが生物兵器として新型コロナを作って世界にばらまいたというものや、トランプ大統領がイランにウイルスをまき散らしたといった荒唐無稽な作り話です。

そして最後の3.5%がスティグマです。これは病気やウイルスへの曝露、渡航歴、民族などによって起こった差別や攻撃を指します。

「武漢肺炎」や「中国ウイルス」といった呼称などから、アジア系住民が差別されたり襲撃されたケースを筆頭に、医療従事者に対する蔑視や、中国などからの帰国者に対する冷遇といったものなどが含まれています。

研究者らは政府が間違った情報を間違いだと正すだけでは不十分で、SNSの運営会社と協力して情報を正さなければならないと指摘しています。

ただし、実際にはトランプ大統領の例や大阪でのイソジン吉村事件などを見れば分かるように、政府や行政機関が間違った情報を発信してマスコミなどがそれを大々的に報道するケースも散見されています。

またこれらの「誤報」は直接的な危険だけでなく、「コロナはただの風邪」と主張した渋谷の「クラスターフェス」のように人々の新型コロナ対策の姿勢を崩すことで公衆衛生を悪化させ、感染拡大の原因にもなり得ます。

「誤報」に踊らされることで傷つくのは自分だけではないということだけは誰もが肝に銘じる必要があります。

・関連記事
「新型コロナは存在しない」「新型コロナは人工ウイルスだ」、真逆の陰謀論を人は同時に信じられることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

吉村知事がコロナ対策で薦めた「イソジン」の塩野義製薬、大阪ワクチンや大阪万博にも深く関与していた | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】「ポビドンヨードが新型コロナに効く」吉村大阪知事の発言でイソジン買い占め、メルカリで高額転売も→事実上撤回へ | BUZZAP!(バザップ!)

もし2020年がパニック映画だったら?架空のトレイラー動画が大変なことに | BUZZAP!(バザップ!)

ディザスター・ホラー映画ファンほど新型コロナのパンデミックをうまく乗り切れているという研究報告 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ライフに関連した楽天商品ランキング