ファーウェイに深刻な人材流出の危機、10年間の努力が水の泡になるおそれも



4Gでめきめきと頭角を現し、5Gの標準化などに大きく寄与するなど、高い技術力を誇るHuawei。

アメリカによる制裁は、次世代通信技術において技術力が逆転したことによるアメリカの警戒感が背景にあると言っても過言ではありませんが、その根幹を揺るがす事態が起きています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Huawei傘下の半導体企業でスマホやタブレットなどのプロセッサ開発を手がける「Hisilicon(ハイシリコン)」に、現在厳しい人材流出の波が押し寄せているそうです。

アメリカによる一連の制裁を受け、HuaweiとHisiliconは新たなチップセットの研究開発を一時停止させることを余儀なくされており、エンジニアたちは長期の無給休暇を取得中。

台湾勤務のエンジニアは多くが辞任したものの、研究開発チーム自体はすぐに解散しない方針とのこと。しかし頭脳流出は長引くと予想されており、10年かけて人材基盤を拡大しようとしたHuaweiの努力が水の泡となってしまうおそれがあります。

・関連記事
ファーウェイ「スマホ出荷台数世界1位」に、不動のトップだったサムスンとついに逆転 | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイがGoogle Play搭載の「Honor 9X Lite」「Honor 20e」発売、かなり苦肉の策を採用 | BUZZAP!(バザップ!)

日本政府が5G、6Gでファーウェイ(年間研究費2兆円)追撃、NECや富士通、楽天モバイルに700億円もの支援 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2020年春夏モデルからHuawei完全排除、5Gスマホどころかdtabすら他社製に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】ついにXiaomi「POCO X3 GT」3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング