東京~新大阪が割安な「ぷらっとのぞみ」爆誕、新型コロナで前年比1/4に急落の乗車率改善なるか

このエントリーをはてなブックマークに追加



JR東海が実質的なのぞみの値下げに踏み切ります。詳細は以下から。

JR東海ツアーズのプレスリリースによると、新たな特別企画として9月17日(木)から「ぷらっとのぞみ」の受付を開始するそうです。

ネットのみの受付で、対象となるのは2020年10月1日~2021年3月12日出発分。「出発3日前の23:30までに申し込みが必要(ぷらっとこだまは出発前日17:00まで)」という点に注意が必要です。


気になる料金は通常期(2020/10/1~30、11/4~20、11/24~12/25、2021/1/7・8、1/12~3/12)は東京~新大阪間が12700円、繁忙期(2020/10/31~11/3、11/21~23、12/26~31、2021/1/1~6、1/9~11)は13500円になります。


グリーン車指定席の場合は東京~新大阪間が14700円から。


早めの予約が必要なわりに値下げ幅が大きくない気がしてならない「ぷらっとのぞみ」ですが、JR東海が導入に踏み切らざるを得なくなった背景は乗車率の低下。月次レポートでは、2020年9月10日現在、新幹線の乗車率が年度累計22%にまで落ち込んでいることが分かります。


ゴールデンウィークやお盆休みも惨憺たる状況。中央リニア新幹線などの大規模投資を抱えているJR東海のドル箱路線であるだけに、ぷらっとのぞみがどれだけ乗車率改善に寄与するのかが気になるところです。

・関連記事
【世界初】1Gbps以上の5G通信を「走行中の東海道新幹線」でドコモが実現、しかも28GHz帯で | BUZZAP!(バザップ!)

ベストセラー1位の「CHUWI HeroBox」が1万円台など格安超小型パソコン相次ぎ値下がり、RyzenやCore i7搭載モデルも選べます | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】「ZenFone 5」再び1万5000円に大幅値下がり、本格カメラやAIを使った各種機能が便利な高性能SIMフリー格安スマホ | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」や1万円台の対抗モデル「Feiyu pocket」相次ぎ大幅値下がり、14周年のBanggood.comが特別セール実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング