iモード公式サイトが2021年に終了へ、22年の歴史に幕

このエントリーをはてなブックマークに追加



iモード終了に先立ち、公式サイトが利用できなくなります。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2021年11月30日(火)にiモード公式サイトの提供を終了するそうです。

同サービスは1999年2月に開始。メニューリストに掲載されたインターネットバンキングや動画、着メロ、デコメ絵文字、ゲームなどのコンテンツは非常に多くのユーザーに利用されてきました。

なお、公式サイト提供終了でマイメニューに登録したコンテンツも利用できなくなりますが、スマホに機種変すれば一部を除いて引き継げるとのこと。

iモードサービス自体は第3世代移動通信方式(3G)の「FOMA」と共に2026年3月31日(火)終了を予定。以下の動画ではiモード、FOMA対応機種を数多く含む、ドコモが過去に発売した機種たちを振り返ることができます。

・関連記事
iモードやmova、FOMAからXiまで、NTTドコモの歴史を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その2【iモード・FOMA登場編】 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモのFOMA(3G)とiモードが2026年終了へ、一時代を築いたサービスに幕 | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「iモードケータイ」の出荷終了 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 10万円級の高性能でお値段1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー搭載でゲーマー向けの液冷機構やワイヤレスイヤホンも
  2. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに
  3. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  4. 1万円台の格安タブレット「Teclast M40」「Alldocube iPlay 40」うれしい値下げ、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデル
  5. 「INFOBAR xv」は一括9800円、KDDIがスマホ値下げの「au Online Shop サマーセール2021」開催で機種変更も対象に

モバイルに関連した楽天商品ランキング