ファーウェイがサブブランド「HONOR」売却か、制裁回避やハイエンドモデル提供も可能に



アメリカの制裁によって、Huaweiがサブブランドを手放す事になるかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、HuaweiはHONORブランドを売却する可能性があるそうです。

これはApple関連の正確な予測などでおなじみの著名アナリスト・Ming-Chi Kuo氏によるもの。

もし売却によってHONOR事業が独立性を獲得できた場合、今まで注力してきたミドルレンジだけでなくハイエンドスマホのリリースにも踏み切れるとのこと。

Huaweiだけでなく部品メーカーなどにとっても有益な選択肢であることから、投資家の関心を集めつつあるとしています。

なお、Huaweiは今年7月にヨーロッパ市場向けに型落ちのプロセッサ「Kirin 710」を採用することでGoogle Playが使えるようにした「Honor 20e」「Honor 9X Lite」を投入。


残念ながら苦肉の策である感は否めず、肝心のパフォーマンスも期待できないため、「売却してブランドを残す」というのも現実的な選択肢となりつつあります。

・関連記事
スマホ1位に輝いたファーウェイが7位に転落へ、アメリカの制裁で世界的な「5Gスマホへの乗り換え需要」を逃すおそれ | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイに深刻な人材流出の危機、10年間の努力が水の泡になるおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング