スマホ1位に輝いたファーウェイが7位に転落へ、アメリカの制裁で世界的な「5Gスマホへの乗り換え需要」を逃すおそれ



「5Gの開発を世界最先端で進めてきたHuaweiが、その恩恵にあずかれない」

そんな可能性が浮上し始めました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2018年~2020年にかけて減少が続いたスマホの出荷台数が、2021年から急激な増加に転じるそうです。

具体的には2021年のスマホ出荷台数が前年比2桁パーセント増にあたる1億5000万台も増える見込み。背景として今後5年間で5Gネットワークの整備が進み、5Gスマホへの乗り換えが急速に進むことが挙げられています。

スマホ市場の成長を後押しする鍵となるのが以前Buzzap!でもお伝えした「エントリーモデルの5Gスマホ」。新興市場などで売り上げが増えることで、スマホの出荷台数は2023年に15億台、2025年には17億台に達すると予想されています。


5Gへの乗り換え需要で大きく盛り上がるとみられているスマホ市場ですが、ここで見ておきたいのが今後のメーカー各社の今後。

2020年第2四半期にHuaweiがシェアトップに躍り出ましたが、2021年にはSamsungとAppleのツートップに戻り、Huaweiは7位にまで転落するとみられています。

2021年のシェア予想。HuaweiはOPPO、Vivo、Xiaomiどころかアフリカや南アジアでエントリーモデルのスマホを販売するTranssionにすら及ばない見込みです。

1位:Samsung
2位:Apple
3位:Oppo
4位:Vivo
5位:Xiaomi
6位:Transsion
7位:Huawei


プロセッサ、メモリ、ストレージ、カメラセンサーなどの主要部品すら供給が滞り、シェア上位をキープし続けるのが困難な情勢に立たされているHuawei。アメリカによる制裁が5Gのリーディングカンパニーに与える影響は計り知れません。

・関連記事
【速報】Snapdragon 865搭載の「Xiaomi POCO F2 Pro」再び値下がり、Galaxy S20などと同性能で半額以下の格安ハイエンドスマホに | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイに深刻な人材流出の危機、10年間の努力が水の泡になるおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイがGoogle Play搭載の「Honor 9X Lite」「Honor 20e」発売、かなり苦肉の策を採用 | BUZZAP!(バザップ!)

ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」
  2. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクが続行も在庫が不安定に、「iPhone 12 mini」契約なしで値下げも
  3. 楽天モバイル「圏外になった」と報告多数、au回線提供終了でエリアが縮小し自宅や駅、会社、店舗、道路などで使えず全国規模の混乱に
  4. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ再び、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途にも
  5. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング