5G必須特許の保有数はドコモが6位で国内メーカーほぼ全滅、サムスンやファーウェイ・ZTEが欧米を上回る

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 12の発売で、いよいよ本格的な整備が始まる5G。

必須特許の保有数を陣営ごとに紐解くと、面白いものが見えてきました。詳細は以下から。

サイバー創研がまとめた5G標準必須特許の保有状況およびそれを元にしたNTTドコモの報道発表資料によると、第5世代移動通信方式(5G)サービスを提供するために必要な標準規格で必須の特許について、ドコモの保有数が世界で6位・世界の通信事業者でも首位となったそうです。

また、通信事業者として最も多い約5000件の技術提案(寄書)を行ったほか、規格関連の特許出願ファミリーを約2500件出願するなど、標準規格策定にも貢献。

標準規格に関連する寄書や特許の数は、標準化活動に参加する企業の技術的な貢献度を示すバロメーターであり、本調査はドコモの技術力が5G規格の標準化活動を牽引していることを示しています」としています。

なお、サイバー創研がまとめた主要各社のシェアはこんな感じ。サムスン電子が1位(11.9%)、クアルコムは2位(11.6%)、ファーウェイは3位(11.3%)、ZTEは4位(10.9%)と肉薄しており、そこにノキア(9.7%)とドコモ(9.5%)が追随する形に。台湾勢のシャープも3.0%と健闘している一方、富士通やNEC、ソニーの日本メーカー3社をまとめても1.3%しかありません。

「その他」を除く各社を国ないし地域別でまとめるとこんな感じ。中国と韓国が5G推進で突出し、欧米の存在感が薄まりつつあることが分かります。

中国:26.4%(Huawei、ZTE、CATT、OPPO)
韓国:18.7%(Samsung、LG)
ヨーロッパ:14.5%(Nokia、Ericsson)
アメリカ:14.1%(Qualcomm、InterDigital)
日本:10.8%(Docomo、NEC、Fujitsu、Sony)
台湾:3.0%(Sharp)

・関連記事
ファーウェイの5Gをアメリカが必死に排除する理由、国防総省のレポートから明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

日本政府が5G、6Gでファーウェイ(年間研究費2兆円)追撃、NECや富士通、楽天モバイルに700億円もの支援 | BUZZAP!(バザップ!)

auが5Gエリア急拡大へ、既存周波数帯を転用し基地局5万局を一挙に全国整備へ | BUZZAP!(バザップ!)

5Gに4Gの電波(周波数帯)を転用可能に、迅速なエリア拡大や「プラチナバンド5G」「WiMAX 2+やAXGPの後継サービス」実現か | BUZZAP!(バザップ!)

国内版iPhone 12は超高速5G「mmWave(ミリ波)」非対応であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

無料で4G/5G使い放題の「Rakuten UN-LIMIT V」を楽天モバイルが発表、5Gスマホ「Rakuten BIG」や「Rakuten Hand」も | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5Gにノキアやエリクソン買収で対抗するから同盟国は金を出せ」とアメリカが提案、「歴史上初めて次世代技術でリードしていない」と懸念 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 1万円の非接触体温計付き格安ゲーミングスマホ「UMIDIGI A11」世界同時発売、5150mAhバッテリーでAndroid 11にも対応
  2. 【追記あり】ソフトバンクが楽天モバイル提訴、基地局の使用差し止めや1000億円規模の損害賠償請求でエリア縮小のおそれも
  3. 1万円台で8GB RAM搭載の高機能格安スマホ「UMIDIGI A9 Max」登場、非接触体温計になりAndroid 11にも対応
  4. 怒濤の高コスパ高性能スマホ「POCO X3 Pro」がさらなる値下げ、たった2万円台で最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラに大容量バッテリーも搭載
  5. 怒濤の高コスパ高性能スマホ「POCO X3 Pro」再び値下げ、たった2万円台で最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載

モバイルに関連した楽天商品ランキング