iPhone 12の有機ELディスプレイに中国BOEが参入、韓国SamsungやLGと激突へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



品質に定評あるSamsung製ディスプレイオンリーではなくなります。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、AppleはiPhone 12の6.1インチ有機ELディスプレイの調達先に中国・BOEを加えたそうです。

すでに出荷が開始されており、当面は少量であるものの、2021年には徐々に出荷数が増えていく見込み。

iPhoneの有機ELディスプレイはSamsungが長らく独占供給してきましたが、遅れてLGディスプレイも参入。今回BOEが参入することで、中国と韓国が有機ELディスプレイ分野で本格的に戦うことになります。

・関連記事
iPhone 12は「auの5G」で最も快適に、auワイド学割も飛び出したau新サービス発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 12にも最適なUSB PD対応3ポート急速充電器「Anker PowerPort III 3-Port 65W」レビュー、スマホやノートを同時充電でき旅行先でも大活躍 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 12は「イヤホン・充電器別売り」に、同梱品はケーブルのみ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  3. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに
  4. 【超格安スマホ】「Xiaomi Redmi Note 9S」が64GB/128GBモデルともども1万円台に大幅値下がり、もちろん回線契約不要
  5. お値段なんと1万円ちょい、価格.com人気1位の格安タブレット「Lenovo Tab B10」が微妙すぎてヤバい

モバイルに関連した楽天商品ランキング