リツイートの仕様をツイッターが一時変更、米大統領選でのデマ拡大対策として

このエントリーをはてなブックマークに追加




トランプ大統領や支持者らによるデマ拡散によってSNSの仕様が変更される事態となっています。

ツイッター社は10月10日に「ツイート前により文脈を熟慮するような仕様変更」を行うとツイートしていましたが、この仕様変更が実施されました。

理由としては11月3日に行われるアメリカ合衆国大統領選挙を前に、フェイクニュースなどのまぎらわしい情報の拡散を抑制するためで、一時的な変更とのこと。


具体的な内容としては、リツイートを行う際にそのままリツイートできなくなり、いったん引用ツイートの画面となります。これまで通りのリツイートを行うには、この引用リツイート画面で何も文字を入力せずにツイートボタンを押すだけです。


この仕様変更はリツイートまでに単なるワンクッションを挟むだけですが、多くのユーザーがリンク先を読まずに簡単にリツイートによる拡散を行っていることは以前から指摘されているとおり。

これから投票日までの2週間、これでフェイクニュースの拡散が多量なりとも抑えられることになるのでしょうか。

・関連記事
「クソリプ防止機能」ツイッターで実装、リプで邪魔されずデマ流し放題に | BUZZAP!(バザップ!)

煽りタイトルへの「脊髄反射」防止へ、ツイッターがリンク先を読まずにリツイートしようとすると「まずは読みなよ」と勧める試験を実施へ | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】暴動を扇動したアンティファのアカウントは白人至上主義者のなりすまし、米ツイッター社が暴露 | BUZZAP!(バザップ!)

フェイクニュースはツイッターで真実の1.7倍リツイートされ6倍の速さで拡散する、しかもbotではなく人力で | BUZZAP!(バザップ!)

ツイッターユーザーは心が広いが政治目的には手段を選ばない、Facebookユーザーとの比較で明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

世界を蝕む「フェイクニュース」、ロシアのサイバー工作に見るその目的と勝利条件 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ウェブサービスに関連した楽天商品ランキング