マイナンバーカード、2022年にもスマホ搭載へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



保険証や運転免許証にとどまらず、再来年にもスマホと一体化することになりました。詳細は以下から。

武田良太総務相が11月6日、閣議後記者会見で、2022年度中にマイナンバーカードの機能をスマートフォンに搭載できるようにするという考えを示しました。

スマホに搭載されたマイナンバーカードの利用には暗証番号を使わず、顔認証や指紋認証で本人確認できる仕組みを導入するとのこと。


政府はマイナンバーカードの普及に力を入れており、マイナポイントで最大5000円分のポイント還元を行っている他、2021年3月から健康保険証の代わりとして使えるようになります。

加えて早ければ2026年には免許証と一本化する仕組みを導入する方針も明らかにされており、カードの用途を広げて利便性をアピールしている状態。

ただし、マイナンバー自体は「絶対他人に知られてはいけない固有の番号」であり、このカードを持ち歩いて日常的に利用することには大きな抵抗のある人が多いのも確か。

またこれまでも複数回の漏洩が発生しており、管理する公的機関のセキュリティが信頼できないことも普及が足踏みする大きな原因となっています。

スマホとマイナンバーカードが一体化すれば使う上では便利かもしれませんが、これまで以上に安全性に対する心配が増えることにもなりそうです。

・関連記事
マイナンバーカードがスマホ搭載へ、本人確認は「暗証番号ではなく生体認証」採用へ | Buzzap!

マイナンバーカードがついにスマホ・免許証と一体化へ、「絶対誰にも知られてはいけない番号」という設定が完全崩壊 | BUZZAP!(バザップ!)

「マイナンバー銀行口座ひも付け法案」を自公維が提出、来年には最低1口座のひも付け義務化へ | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】杉田水脈議員、マイナンバー制度を理解せず「(新型コロナの)現金支給にはカードが必要」とデマを振りまく | BUZZAP!(バザップ!)

数百億の税金を投じるマイナンバー連携の「マイナポータル」、iPhoneなど6割以上のスマホが非対応に | BUZZAP!(バザップ!)

マイナンバーカードが全病院で保険証に、民間サービスでの利用も積極推進へ | BUZZAP!(バザップ!)

さいたま市委託分のマイナンバー等58万件も流出、国税庁委託と同一業者が違法に再委託 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ウェブサービスに関連した楽天商品ランキング