24時間で消える「フリート(Fleets)」投稿機能をツイッターが提供開始、なお「既読機能」付きで誰が見たか一目瞭然

このエントリーをはてなブックマークに追加



ツイッター上の新たなる地雷原となる可能性が高くて震えます。詳細は以下から。

◆24時間で消える「フリート」機能提供開始
ツイッタージャパンは11月11日に24時間で自動的に消滅するテキスト、写真や動画を投稿できる「Fleets(フリート)」機能を日本で公開しました。

これはFacebookやInstagramの「Story(ストーリー)」機能に非常に近いもので、「目の前のできごとやその時の気持ちを伝える手段」との位置づけです。


フリートではテキスト、写真、動画、他のツイートなどを取り込んで様々な背景とテキストのオプションとともにカスタマイズが可能。


このフリートは各自のタイムライン最上位に固定され、ツイッターユーザーならフォロワーだけでなく誰でもフリートを閲覧できます。


フリートへのリアクションは絵文字かダイレクトメッセージ(DM)。DMは開放している場合限定ですが、誰でも返信が可能です。なお文章でリアクションするとそのままDMで送られることになるので要注意です。

今後はステッカーとライブ放送機能が実装予定ということで、やはりFacebookやInstagramの「Story」の使いでに近いものとなりそうです。

◆フリートには「既読機能」ありという落とし穴
ただし、話題となっているのはこのフリート機能に「既読機能」があること。これは昔のmixiの足あと機能に近いもので、フリートを閲覧したアカウントが一目瞭然となるもの。

これまでフリート機能を早々と試したアカウントによると、鍵アカウントが閲覧した場合にもしっかりと足あとが残って投稿主に分かってしまうことに。

また企業アカウントや公認マーク付きアカウントなどが社会的にいかがわしいタイプのフリートをちょっとした興味や誤タップで閲覧し、その履歴を晒されるといったケースも十分に考えられます。

考えすぎだといいのですが…果たしてどんな事態になるでしょうか。

・関連記事
リツイートの仕様をツイッターが一時変更、米大統領選でのデマ拡大対策として | Buzzap!

「クソリプ防止機能」ツイッターで実装、リプで邪魔されずデマ流し放題に | Buzzap!

煽りタイトルへの「脊髄反射」防止へ、ツイッターがリンク先を読まずにリツイートしようとすると「まずは読みなよ」と勧める試験を実施へ | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】暴動を扇動したアンティファのアカウントは白人至上主義者のなりすまし、米ツイッター社が暴露 | BUZZAP!(バザップ!)

フェイクニュースはツイッターで真実の1.7倍リツイートされ6倍の速さで拡散する、しかもbotではなく人力で | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ウェブサービスに関連した楽天商品ランキング