Googleフォト「無料で無制限に保存可能」を廃止、15GB以上は2021年6月から要課金に

このエントリーをはてなブックマークに追加



当り前のようにいくらでも保存できたGoogleフォトに容量制限が発生します。詳細は以下から。

Googleは現地時間11月11日、Googleフォトの「高画質」設定の画像と動画を無制限に保存できるサービスを終了することを発表しました。


これまでのGoogleフォトでは画像撮影時の「オリジナル画質」と「高画質」を選択でき、後者の場合は容量を消費せずに無制限に保存できていましたが、これが廃止となります。


2021年6月1日以降はそれぞれのGoogleアカウントの無料の保存容量(15GB)を消費することになり、超過した分はGoogle Oneの追加容量の購入が求められます。現時点では100GBが月額250円からで、200GBや2TBの選択肢も。


また重要な点として、GoogleフォトはGmailやGoogleドライブと保存容量共用となるため、これらのサービスを頻繁に利用している場合はその分容量が圧迫されることになります。

容量超過した場合は画像や動画をフォトにアップできないだけでなく、Googleドライブへの新しいファイルのアップも不可となり、さらにGmailでのメールの送受信に影響が生じる可能性もあるとされています。


救済措置として2021年6月1日以前に保存した写真と動画は変更の対象外とされており、この日に突然Googleアカウントの保存容量が枯渇することはありません。

また、Googleのスマホ「Pixel」シリーズからアップロードする場合も容量が消費することはないとしています。


Googleはこれに合わせ、暗かったりピンぼけしている写真やスクリーンショット、容量の大きい動画などを削除する無料ツールを提供する予定とのこと。また残り容量から超過するまでの時期を見積もる機能も提供するとしています。

スマホカメラの高性能化と共に大きくなってきていた写真や動画の容量。これまで当たり前のように昔の写真を保存していた人も多いGoogleフォトですが、今のうちに保存先を考えておいた方がよさそうです。

・関連記事
au初のPixelとなる「Google Pixel 5」10月15日発売、キャッシュバックキャンペーンも | Buzzap!

【コラム】フォートナイト問題よりはるかに酷い「日米デジタル貿易協定」の新聞やテレビが報じない闇、日本政府も企業もGAFAに絶対逆らえない仕組みに | Buzzap!

AIで顔写真から影を自動消去できる技術をGoogleが開発、自撮りがさらに手軽で便利に | Buzzap!

生まれて初めて喋った言葉が「Google」、デジタルネイティブな赤ちゃんが新次元に | Buzzap!

GoogleのAI、観光客らの写真から超精密な3Dモデルを作成可能に | Buzzap!

人肌をタッチパッドにするタトゥー「SkinMarks」が開発、Googleが出資 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ウェブサービスに関連した楽天商品ランキング