BMW製の小型電動ジェットパック、最新の試験飛行で時速300kmを達成

このエントリーをはてなブックマークに追加



BMWが道路を走るだけの時代は終わったのかもしれません。詳細は以下から。

世界的に知られるドイツの自動車メーカー、BMWがバッテリー性の軽量ジェットパックを開発しています。


BMWはオーストリアのスタントマン、Peter Salzmannさんとコラボレーションして3年に渡りジェットパックの開発を行ってきました。このジェットパックはムササビのように手足を膜で覆うウィングスーツと併用するもの。


BMWのジェットパックは11kgと非常に軽量かつコンパクトで、50ボルトのリチウムバッテリーで駆動します。1秒間に2万5000回転するカーボンファイバー製の2つのプロペラを搭載し、その出力は20馬力にも達します。

このジェットパックはBMWの車両向けの空気力学的検証用のトンネルを使って繰り返し実験が行われた後、オーストリアのアルプス山脈で実地試験に挑みました。


以下がその際の動画です。


ご覧のように見事に成功。ウィングスーツを使ったエクストリームスポーツは既に各国で行われていますが、これにジェットパックを装着し、空を自由に飛び回れる時代も遠からず訪れることになりそうです。

ただし、BMWは今回の実験を持ってすぐに商用化や大量生産を行うわけではないとしており、私たちが手にするにはもう少しだけ時間が掛かることになりそうです。

・関連記事
完全にアクション映画、ジェットマンとエミレーツ航空のエアバスA380が高度1200mでランデブー飛行 | Buzzap!

ウィングスーツで時速250kmで滑空しながら岩穴を通り抜ける衝撃映像 | Buzzap!

空を飛び、雲を切って滑る新エクストリームスポーツ「ウィンドボーディング」 | Buzzap!

【動画あり】スカイダイビング中に隕石と衝突しかけるというレアすぎる事案が発生 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング