【動画あり】スカイダイビング中に隕石と衝突しかけるというレアすぎる事案が発生

このエントリーをはてなブックマークに追加



天が落ちてくることを心配することを杞憂と呼びますが、本当に天から落ちてきた隕石に衝突しそうになるという事案が発生。カメラがその貴重にして衝撃的な瞬間を撮影していました。

この貴重な体験をしたのはノルウェー人のスカイダイバーAnders Helstrupさん。2012年の夏に所属するOslo Parachute Clubの仲間とともにスカイダイブを行ったのですが、その時Helstrupさんはヘルメットに前後2つのカメラを取り付けていました。

Helstrupさんが取材に対して語ったところによると、スカイダイブ中に「何か」が起こったことには気づいたけれど、それが何なのかは分からなかったとのこと。後になって撮影した映像をチェックしていたところ、彼のほんの2,3m横を石が落ちていくのを発見しました。この瞬間を捉えた映像がこちら。

Skydiver almost struck by meteorite - YouTube



Helstrupさんはこの話をオスロの自然史博物館と隕石の専門家のコミュニティに報告しました。地質学者のHans AmundsenさんによるとHelstrupさんが捉えたのは間違いなく隕石で、その形状から地上12km程で爆発したより大きな隕石の欠片である可能性が強いということです。


隕石は大気圏に突入するといわゆる「流れ星」として光を発し、多くはそのまま燃え尽きてしまいますが、大きな隕石は燃え尽きることなく大気圏を落下し続けます。そしてある高度まで落下すると光を発しなくなり、そこから地上に到達するまでの状態が「ダーク・フライト」と呼ばれます。この時の隕石のスピードは時速300kmにも及んでいました。

Helstrupさんが捉えたのはこの状態の隕石で、世界で初めて映像に収められました。この瞬間を映像に収められたのは、なんと宝くじに3回連続で当たる以上の確率だということ。間違いなく一生ものの幸運です。

上記映像に詳しい説明などの加わった9分間のフルバージョンはこちら。

Meteorite almost hits Norwegian skydiver - FULL STORY - YouTube


ぜひ一度見てみたいですが、一生分の運を使い果たしてしまいそうでちょっと怖いですね。

Skydiver's Helmet Cam Captures a Falling Meteor Almost Hitting Him

いまから始める趣味のスカイスポーツ
阿施 光南
イカロス出版
売り上げランキング: 347,564

隕石コレクター―鉱物学、岩石学、天文学が解き明かす「宇宙からの石」
リチャード ノートン
築地書館
売り上げランキング: 279,664

・関連記事
紀元前33世紀のエジプト最古の鉄のビーズが隕石だったことが判明 BUZZAP!(バザップ!)

【動画あり】九死に一生どころじゃない、飛行機の空中衝突から乗員乗客11人が奇跡の全員生還 BUZZAP!(バザップ!)

バーニング・マン2013を小型無人ヘリから撮影した映像が完全に別世界 BUZZAP!(バザップ!)

ウィングスーツで時速250kmで滑空しながら岩穴を通り抜ける衝撃映像 BUZZAP!(バザップ!)

上空3800mからパラシュート無しで墜落する動画がとんでもなくサイケデリックなことに BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加