70羽の小鳥が14のエレキギターで奏でるノイズミュージック、ガチでドープなことに

このエントリーをはてなブックマークに追加



3羽の小鳥」が歌えばレゲエの名曲になりますが、70羽の小鳥が暴れるとガチンコのノイズミュージックが生まれます。

これはフランスのアーティストCeleste Boursier-MougenotさんのサウンドプロジェクトFrom Here to earの模様。アンプに接続した14のエレキギターとエレキベースが置かれた部屋に70羽のキンカチョウが放たれます。

小鳥たちは電線や枝にとまるように弦にとまっては鳴き、毛づくろいし、巣作りを試み、やがて飛び立ちます。そしてそのすべてが音楽になるのですが、ゴリゴリにドープなノイズというか音響派というか、極めてエクスペリメンタルな響きになっています。


このプロジェクトは1999年に始まり、世界各地の美術館などを巡りながら繰り返し展示され続けています。いったいどれだけ多くの人の心に小鳥たちの演奏が響いたのでしょうか。

・関連記事
【宝の山】80~90'sのノイズ・実験音楽のカセットテープ音源30GBが無料DL放題 | Buzzap!

「猿にテクノミュージックは作れるのか?」を本当に実験してしまった映像 | Buzzap!

チンパンジーが「ロックミュージック」を演奏?低音の効いたキックを好み、遠隔通信手段との見方も | Buzzap!

マリアナ海溝の奥底11000mで名状し難い不気味な「ノイズ」が記録される | Buzzap!

テクノファンも工場マニアも!日本の町工場の音を電子音楽にリミックスした動画が素晴らしい | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング