マリアナ海溝の奥底11000mで名状し難い不気味な「ノイズ」が記録される

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by jimmy brown

地球の最も深い場所、マリアナ海溝の深淵はノイズに覆い尽くされていました。詳細は以下から。

生き物の影もほとんど見られず、暗黒の中に沈む深海の底。その中でも最も深い場所と呼べるのがマリアナ海溝の深淵ではないでしょうか。

アメリカ海洋大気庁とオレゴン州立大学、そしてアメリカ沿岸警備隊は長期的な騒音の変動を知るために精密なノイズを測定するプロジェクトを実施。その一環として地球の海の中で最も深いマリアナ海溝の深さ11000mという海底にチタンの外壁を持つ水中聴音機を3週間にわたって設置しました。

生き物も少なく、暗黒と静寂に支配されていると長年思われてきたその深海底は、しかし不気味なアンビエントノイズに覆い尽くされていたのです。

アメリカ海洋大気庁に所属するプロジェクトリーダーのRobert Dziakさんは報告の中で、深海底が自然と人間の双方が生み出すノイズが充満していると述べています。

マリアナ海溝の中でも最も深いチャレンジャー海淵は地球のあちこちで発生する地震のノイズや、はっきりとしたヒゲクジラの鳴き声、カテゴリー4の台風の圧倒的な喧噪に満ち溢れていました。

さらに、船舶が海溝付近を運航する際のスクリュープロペラによる明確なサウンドパターンも多数識別することができました。

こちらがヒゲクジラの鳴き声の分かるノイズ。


こちらが船舶のスクリュープロペラのノイズです。


水は空気よりも音を遠くまで伝えるとは言いますが、地球のあちこちの音がこの漆黒の深淵に集まってくるというのはなんとも不思議で不気味なもの。普段私たちが知覚できないような現象の音も観測できたりするのでしょうか?

Scientists Have Recorded Sound At The Bottom Of The Mariana Trench - And It's Completely Terrifying IFLScience

(Photo by jimmy brown


海獣の子供 全5巻完結セット (IKKI COMIX)
五十嵐 大介
小学館
売り上げランキング: 23,160

関連記事
すべては海の藻屑に…沈没する軍艦の内部に仕掛けられたカメラの動画が圧巻 | BUZZAP!(バザップ!)

メキシコ湾の海底で5万年以上昔の森が発見される | BUZZAP!(バザップ!)

イルカがフグ毒を経口摂取してトランス状態になって遊んでいることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

イルカを観光客らが海から引きずり出してもみくちゃに写真撮影→脱水で死亡し大炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

【実験】水中で3mの距離から自分を銃で撃ったら弾は当たるのか? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加