19世紀に生まれ人類を魅了した元祖「ジェットコースター」の世界初の動画

このエントリーをはてなブックマークに追加



私たちが想像するよりもずっと早くから、人類はこのスリルに魅了されていたようです。詳細は以下から。

ジェットコースターといえばアミューズメントパークの花型アトラクション。その落差や速度、ひねりや回転を駆使したコースが生み出すスリルは多くの人をひきつけてやみません。

そんなジェットコースター、英語ではローラーコースターと呼ばれ、その原型は石炭運搬用のトロッコにまでさかのぼると言われます。

1884年にはLaMarcus Thompson氏がアメリカ合衆国ニューヨーク市のコニーアイランドで世界で初めて「Gravity Switchback Pleasure Railway」と呼ばれるジェットコースターの先祖をデビューさせました。


このコースターは翌85年には特許を取得。時速10kmで180mのコースを重力によって走るアトラクションでした。5セントの料金でしたが、なんと3時間もの行列ができたとのこと。


大人気となって30を超えるパテントを得たThompson氏は88年にはアメリカ国内で最低でも20基の、そして海外では24基のローラーコースターを建設しています。

こちらの動画はそのようにして広まっていったローラーコースターのひとつ。1898年にイギリスのVictorian fairgroundに設置されたものが世界で初めて動画で撮影されました。


当然ながら安全帯などはなく、鈴なりに座っているだけで、ヘルメットなども装着していません。スリルという意味では現代ほどではないにせよ、実際の危険度ではこちらの方が上だったかもしれません。

・関連記事
「鬼滅の刃」時代に日本で初の大ブームとなったローラースケートの長い長い歴史 | Buzzap!

110年前の「グループ自撮り」のあまりに斬新な撮影模様 | Buzzap!

戦後日本復興期の貧困と生命力を鋭くえぐるドキュメンタリー映画「スラム」を科学映像館が無料配信 | Buzzap!

人民服に自転車…「かつて日本人がイメージした中国」そのままの80年代の北京の風景 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品ランキング