「輪るピングドラム」放送10周年で新展開か、2021年4月1日に重大発表の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加



今年で放送10周年を迎える幾原邦彦監督のアニメ「輪るピングドラム(2011年7~12月放送)」に気になる動きがあります。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが「輪るピングドラム」公式ツイッター。自らツイートするのは再放送を告知した2016年12月以来となる実に4年3ヶ月ぶりで、添付のイラストには「5」という気になる数字があります。


このツイートを幾原邦彦監督が引用しつつ、意味深な発言。


主人公の1人、高倉晶馬役の木村良平さんや高倉陽毬役の荒川美穂さん、そして物語のキーパーソンであるデスティニーな少女、荻野目苹果役の三宅麻理恵さんも反応しています。



「シビれるだろう?」が口癖の眞悧先生役の小泉豊さんも反応。ええ、今、まさにシビれています。


さらに音楽を担当していた橋本由香利さんやキャラクターデザインの西位輝実さんもこの通り。否が応でも期待が高まってしまいます。



もし「5」がカウントダウンであれば、何らかの発表が行われるのは4月1日。2019年放送の「さらざんまい」に続く新作の情報も気になるところですが、とりあえずファンは座して待つほかなさそうです。

・関連記事
【追記あり】「輪るピングドラム」とうまい棒が奇跡のコラボ、ノリノリすぎてとんでもないことに | Buzzap!

「さらざんまい」最終回に意味深な『次』の皿、新展開の可能性? | Buzzap!

【聖地巡礼】「さらざんまい」が大好きすぎてエンディングの風景をHuawei P30 Proで撮影してきた | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

アニメ・マンガに関連した楽天商品ランキング