ピアノのハンマーを本物の「カナヅチ」に変える魔改造、予想を超える荘厳な音色に

このエントリーをはてなブックマークに追加



聴いたことのないまったく別の音色が響き渡ります。しかもかなりいい音です。ぜひチェックしてみてください。詳細は以下から。

スウェーデンの音楽家Mattias Krantzさんはピアノの弦を鳴らすハンマーを、本物の「カナヅチ」に置き換えるという壮大な実験を行いました。

中古のピアノを購入し、ズタボロなチューニングを直し、大きさの合うカナヅチを探し、トラブルを乗り越え、300時間にわたる作業の後にKrantzさんはようやく演奏にこぎつけます。

まず通常のピアノ用木製ハンマーでの音色はこちら。


そしてカナヅチピアノの演奏はこちらから見ることができます。


ピアノらしい柔らかくぬくもりのある音からパンチの効いた、荘厳ささえ感じる響きに代わっています。なお、鍵盤がクソ重くなっていて演奏するのはひと苦労とのこと。

DTM全盛期ではありますが、まだまだアナログ楽器の可能性は計り知れません。

・関連記事
【実験】ギターとピアノの弦を取り換えてみたらどんな音が鳴るのか | Buzzap!

【実験】5万円の中古ピアノと2億7千万円のピアノの音色を人間は聞き分けられるのか | BUZZAP!(バザップ!)

エレキギターにエフェクター319個を繋げて演奏しギネス記録、当然とんでもなくヤバい音に | BUZZAP!(バザップ!)

KISS公式ライセンスの「エアギター専用ギター弦」が3.99ドルで発売される | BUZZAP!(バザップ!)

壊れたグランドピアノに20の楽器を詰め込んで魔改造したアナログDTMマシンがすごいことに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング