エレキギターにエフェクター319個を繋げて演奏しギネス記録、当然とんでもなくヤバい音に

このエントリーをはてなブックマークに追加



エフェクターをこれでもかと繋げまくるとどうなるのでしょうか。結果は以下から。

世界中の音楽シーンで使われるエレキギター。その音色を独特な形で変化させるリバーブ、コンプレッサーなどのエフェクターは音楽の響きを多様で重層的なものにしてくれます。

ライヴでギタリストが足で床に置かれている何かを踏みながら演奏している姿を見た記憶のある人もいると思いますが、ギター用のエフェクターの多くはそのような足で踏むペダル型をしています。

さて、ミュージシャンのRob ScallonさんとSweetwater Musicの仲間たちは世界最大のペダル型エフェクターの連続体を作ってギネス記録を目指すことにしました。

彼らは319個のエフェクターをこのようなペダルボードに並べ、全てのエフェクトを一度に掛けられる配線を施します。


動画の17分辺りまでは準備している模様を見ることができ、そこから演奏が始まります。26:30頃まではアンビエント楽曲を思わせる静かで気持ちのいい感じですが、その辺りから様子がおかしくなっていきます。ぜひご覧下さい。


ということで、ノイズかプログレッシブ・ロックのバンドを思わせる凄まじくドープな音が紡ぎ出されています。じっくりライヴで聴いてみたい気もしますが…。

ZOOM MULTI STOMP マルチエフェクター MS-50G
ZOOM(ズーム) (2012-09-05)
売り上げランキング: 542

・関連記事
指輪型の直感的音楽演奏デバイス「Wave」がクラウドファンディングを開始 | BUZZAP!(バザップ!)

BPM1600で「熊蜂の飛行」をギターソロ速弾きしたインド人が「世界最速ギタリスト」に輝く | BUZZAP!(バザップ!)

KISS公式ライセンスの「エアギター専用ギター弦」が3.99ドルで発売される | BUZZAP!(バザップ!)

52本の弦と複数のネックを持つ「メデューサ・ギター」、いったいどんな音色? | BUZZAP!(バザップ!)

DTMを無理やり全部アナログに変えてテクノ・ミュージックを作曲するとこんなことに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽に関連した楽天商品ランキング