【実験】5万円の中古ピアノと2億7千万円のピアノの音色を人間は聞き分けられるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加



私たちは値段分の価値や質というものを、本当に味わい分ける事ができているのでしょうか。なかなか興味深い実験です。

「安かろう悪かろう」という言葉があるように、良いものは質が高く、安いものは質が悪いというのは資本主義社会では基本中の基本。材料費や人件費、技術料など多くの要素が絡み合い、手を掛けた上質なものほど値段が上がるのはものの道理です。

ですが2000円のワインと20万円のワイン、1万円のレコード針と150万円のレコード針の違いなど、素人目にはなかなかそのクオリティの違いを感じるのは簡単なことではありません。

ユーチーバーでピアニストのVinheteiroさんは、自ら安いピアノから最高級のピアノまでを弾き比べる動画を公開。500ドル(約5.5万円)のボールドウィンの中古ピアノから250万ドル(約2億7千万円)のスタインウェイ・アンド・サンズの最高級ピアノまで、6種類のピアノを演奏しています。閲覧は以下から。


さて、あなたはどれだけ聞き分けることができましたか?そしてどのピアノの音が一番好みだったでしょうか。

・関連記事
これが天才か…50歳ホームレスが独学で身につけた即興ピアノ演奏が感動の涙を呼ぶ | BUZZAP!(バザップ!)

壊れたグランドピアノに20の楽器を詰め込んで魔改造したアナログDTMマシンがすごいことに | BUZZAP!(バザップ!)

レオナルド・ダ・ヴィンチが500年前に考案したピアノ型の楽器が現実に制作、演奏される | BUZZAP!(バザップ!)

音楽でも機械が人間を超える?自走式全自動ピアノ演奏機「Arpeggio」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

これはすごい!1台のピアノの全てを5人がかりで演奏するThe Piano Guysの動画が話題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽に関連した楽天商品ランキング