デザイン家電のバルミューダが5Gスマホ発売へ、京セラが製造しソフトバンク独占も



オサレな家にかなりの確率で置かれていることでおなじみのデザイン家電メーカー、バルミューダがスマホ事業に参入します。詳細は以下から。

バルミューダのプレスリリースによると、新たな製品カテゴリーとなる5Gスマートフォンの開発および販売事業に参入することを決定したそうです。

これは家電事業で培った経験と実績を基に、バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していくことを目指して参入するもの。

同社は自社工場を保有しないファブレスメーカーであるため、京セラを製造パートナーとして事業を開始。2021年11月以降に発売にこぎつける予定であるほか、国内通信事業者としてはソフトバンクが独占で取り扱うとしています。

なお、SIMフリーモデルの販売も計画中。京セラが製造を手がけるデザイン端末といえばauの「INFOBAR」シリーズがあるだけに、完成度の高さを期待できそうです。

・関連記事
怒濤の高コスパ高性能スマホ「POCO X3 Pro」さらなる値下げ、たった2万円台で最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラに大容量バッテリーも | Buzzap!

【追記あり】ソフトバンクが楽天モバイル提訴、基地局の使用差し止めや1000億円規模の損害賠償請求でエリア縮小のおそれも | Buzzap!

NTTによる総務省の接待とドコモ子会社化の関連は?KDDIやソフトバンクがNTT再編見直しや真相究明を求める意見書 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング