マクドナルドのドライブスルー、音声認識AIに置き換えへ



気付いたらドライブスルーで応対してくれていたのはAIだった…ということになるかもしれません。詳細は以下から。

米マクドナルドのクリス・ケンプチンスキー最高経営責任者(CEO)が、ドライブスルーでの対応を人間からSiriやアレクサのような音声認識AIに置き換える方針を示しました。

これは投資家向けカンファレンスで明らかにされたもので、まずは5年後にシカゴ周辺の1万4000店舗での実装を目指します。


現在10店舗で行われている試験導入では80%のオーダーに対して85%の精度で注文が成立するとのこと。

現在は人間のスタッフが後ろで控え、質問や問題発生時にはすぐにヘルプに入る状況で、いわば学習の真っ最中ということになります。

こうなると心配は「人間が機械に仕事を取られる」という話ですが、調理業務の自動化は現時点ではペイしないため注力しないとのこと。しばらくはAI導入による解雇はなさそうです。


客側もSiriやアレクサなどのAIに加え、Uber Eatsのようなサービスもおなじみとなってきたため、ドライブスルーのAI化にも意外とすぐに慣れそうです。

・関連記事
MITがAI制御で優しく髪をとかせるロボット「RoboWig」を開発した優しい理由 | Buzzap!

ロボットの「自画像」、7500万円で落札 | Buzzap!

【動画】新機軸なロボット犬が爆誕、華麗に踊りファッションチェックまで可能 | Buzzap!

神をAIで模倣した「AI版キリスト」が作成される、欽定訳聖書のみを学習し「疫病」「独裁者」「世界の終わり」の予言を連発 | Buzzap!

植物の要求にあわせて反応し、移動する「六足歩行式ロボット植木鉢」が誕生 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング