ついにドコモが老朽化した3G(FOMA)の設備集約、2.1GHz帯を4G/5Gに転用で「FOMAプラスエリア」非対応機種はエリア削減



いよいよドコモが3Gサービスの設備集約および主要周波数帯の転用を進めます。詳細は以下から。

NTTドコモの告知ページによると、同社は2001年に開始した3G通信サービス「FOMA」について、設備の集約を進めているそうです。これはネットワーク設備の老朽化などに対応するための措置。

具体的には2022年1月以降、ユーザーの影響が少ないエリアでFOMAを提供している2.1GHz帯の一部を順次800MHz帯のみ(FOMAプラスエリア)に変更し、空いた周波数帯を4Gおよび5Gへ転用していくとのこと。

これにより初のFOMA端末「N2001」など、2001~2006年にかけて発売されたFOMAプラスエリア非対応モデル42機種の通信エリアが狭くなるため、4Gまたは5G対応モデルに機種変更することを勧めています。


なお、ドコモは2026年にFOMAを終了する予定。今年でサービス開始20年を迎えることを考えると、集約の背景にある「ネットワーク設備の老朽化」は至極納得のいく理由ではないでしょうか。

・関連記事
iモードやmova、FOMAからXiまで、NTTドコモの歴史を振り返ってみた | Buzzap!

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その2【iモード・FOMA登場編】 | Buzzap!

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その3【mova→FOMA編】 | Buzzap!

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その4【FOMA円熟期編】 | Buzzap!

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その1【黎明期編】 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング