フォトショで「お化粧」したら明記が必要に、全SNSの商業写真が対象で刑事罰も

このエントリーをはてなブックマークに追加



驚きの法改正ですが、そこには若者のボディイメージと健康に関する根深い問題がありました。詳細は以下から。

ノルウェー議会は7月、フォトショップでモデルの人物を「お化粧」した画像について加工した事実を明記することを義務付ける法改正案を72対15の賛成多数で可決しました。


対象となるのはインフルエンサーや企業が広告やその他の商業目的で用いる画像で、ツイッターやFacebook、TikTokにInstagramなどの全てのSNSに掲載されるもの。

今後は身体のサイズや形態、または肌の色つやなどに加工を加えた場合、所轄官庁の発行するラベルで各々の加工を明示することが必要になります。違反すると罰金刑となり、極端な場合は禁固刑もあり得るとしています。

またデジタル処理に限らず、物理的に変形させるような場合にも同様のラベリングが必要とされます。


理由としては、実際の人体としてはあり得ないような完璧すぎる美の基準が子供や若者に「ボディプレッシャー」として影響を与えてきた経緯があります。

自分が美の基準から外れていることがこうした若年層の自己肯定感を低下させたりいじめの原因となる他、無茶なダイエットなどで健康を損なうケースが問題とされてきました。


同国のInstagramのインフルエンサー、Madeleine Pedersenさんはインタビューに「今が変わるべき時だ。法改正で若い人が非現実のイメージと自分自身を比較することの歯止めになってほしい。あまりに多くの人が自分の顔や体に自信を無くしている」と答えています。

現実と区別がつかないほどに発展したデジタル画像加工技術の、レベルの高さゆえの危険性が法改正にまでつながった形です。

・関連記事
【悲報】ロシアの地方当局、住民から修繕要望のあった道路をフォトショップで「舗装」 | Buzzap!

象のぬいぐるみを無くした男の子に親は「世界旅行に出てる」と言った、フォトショ職人たちは旅の写真を作ってあげた | Buzzap!

「フォトショップでお化粧」の極致、全てのグラビアが一切信じられなくなる逆回転ビフォーアフター動画 | Buzzap!

カナダ人シーク教徒の男性、フォトショ捏造のコラ画像でパリ自爆テロ犯と報道される、ゲーマーゲート問題にも絡みか? | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ウェブサービスに関連した楽天商品ランキング