楽天モバイル「夏までに人口カバー率96%」で加入者獲得→こっそり「2021年内」に変更するも告知せず



「すぐエリアが広がるなら大丈夫かな?」と思って契約したユーザーを裏切る行為に他なりません。詳細は以下から。

◆楽天の人口カバー率96%が2021年内に後倒し
楽天モバイル公式ページによると、2021年7月29日17:00現在「データ無制限で使える楽天回線エリアは2021年内に人口カバー率96%へ拡大予定」と案内されています。


昨年12月に総務省の懇談会に提出した資料で「整備計画を5年前倒しして2021年夏に人口カバー率96%を達成する」とぶち上げていた楽天モバイル。


今年2月に行われた通期決算発表会でも「4G人口カバー率96%」を掲げていました。


しかし今年5月に行われた2021年度第1四半期決算発表会では「4G人口カバー率80%達成」のスライドだけが登場。どうやらこの頃には目標未達となる気配が濃くなっており、ついに「2021年内」への変更を余儀なくされたとみられます。


なお、日本経済新聞社の報道によると、計画の後倒しは世界的な半導体不足で基地局の整備が遅れたことを受けたもの。メインの4Gが影響を受ける一方、5Gには影響がないとされています。

◆ユーザーに告知ないまま契約者獲得に突き進む楽天モバイル
「世界的な半導体不足」という楽天モバイル一社ではどうにもならない事情がある以上、目標未達となったこと自体は仕方がありません。

しかしここで問題となるのが「いつ未達となることを楽天モバイルが明かしたか」という部分。ITmediaの報道では7月21日付で公式ページの表記を変更したとされていますが、報道関係者への案内はありませんでした。

ユーザーの利便性に直結する以上、計画がずれ込むことが確定した時点で周知すべきにもかかわらず、新規契約者獲得のためのキャンペーンなどを先に告知している楽天モバイル。優先順位を明らかに間違えています。

楽天モバイル版iPhoneが最大27000円割引の「他社から乗り換え(MNP)でiPhone割引キャンペーン」スタート | Buzzap!


楽天モバイルが実質0円のモバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B」発売、さらにポイント還元も | Buzzap!


予定していた2021年夏に土壇場でこっそり公式ページの表記を変更しただけで済ませようとするかのような態度は、エリア整備計画を信じて契約したユーザーたちに対して、いくらなんでも不誠実ではないでしょうか。

・次の記事
【悲報】楽天モバイル、今でも「夏までに人口カバー率96%」を売り文句にしていた | Buzzap!

・関連記事
【悲報】楽天モバイル、今でも「夏までに人口カバー率96%」を売り文句にしていた | Buzzap!

楽天モバイルへのau回線提供が東京都で終了、首都圏・関西・中部ほか全国各地でも順次終了決定 | Buzzap!

【追記あり】楽天モバイルをソフトバンクが提訴、基地局の使用差し止めや1000億円規模の損害賠償請求でエリア縮小のおそれも | Buzzap!

楽天モバイルにプラチナバンド割り当てか、総務省が電波を再配分する仕組みを整備へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング