国内初確認のデルタ変異株「N501S」、懐かしのドコモケータイ「N501i」を思い出す人多数



恐ろしい変異株の話が、懐かしい携帯電話の話に変わってしまいました。

ピリピリする昨今にちょっとだけ微笑ましいエピソードです。詳細は以下から。

発端となったのはこちらのツイート。新たな変異株の名前が「N501S」だったことを受けたもので、1万人以上がリツイートしています。


1999年発売の「N501i」。NEC初のiモード対応端末で、第2世代携帯電話サービス「mova(2012年にサービス終了)」をサポートしています。


なお、ドコモがマイナーチェンジモデルとなる「iS」シリーズを投入したのは2003年発売の「N503iS」からのこと。そのため変異株「N501S」に最も名前が近いであろう「N501iS」は存在しません。

ドコモの懐かしケータイを一気見できる動画はこちら。あなたはどの機種を使っていましたか?

・関連記事
iモードやmova、FOMAからXiまで、NTTドコモの歴史を振り返ってみた | Buzzap!

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その2【iモード・FOMA登場編】 | Buzzap!

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その3【mova→FOMA編】 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング