液晶テレビ値下がりへ、東京オリンピック終了で需要減か



テレビの買い時が訪れたかもしれません。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、9月からテレビ用の液晶パネルが値下がりしているそうです。

これは主要なサイズとなる32インチ、43インチ、50インチ、55インチ、65インチ、75インチすべてのパネルに共通しており、値下げ幅は9~13ドルに。

背景には東京オリンピックが終了したことを受けてか液晶テレビの売れ行きが鈍化したことでメーカーの在庫が積み上がり、パネルの需要が鈍ったことが挙げられています。

なお、需要が低迷しているにもかかわらず、テレビメーカーは生産能力を高い水準を維持しているとのこと。そのためテレビ本体が値下がりする可能性は十分あります。

・関連記事
【速報】AnTuTu60万オーバーのXiaomi「POCO X3 GT」再び値下げ、立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の超コスパ格安スマホ | Buzzap!

大画面「有機ELテレビ」どんどん値下がり、シャープやパナソニック、東芝など各社本気のモデルたちも10万円台前半に | Buzzap!

1万円台前半の格安タブレット「Blackview Tab 9」颯爽登場、ステレオスピーカーや高画質カメラ搭載で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも使えるSIMフリーモデル | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング