【厳重注意】iPhone 13に安物の充電器やケーブルを使ってはいけません、もちろんAndroidスマホにも



そろそろ本当に充電器やケーブルの重要性を理解すべき時が来ています。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、1.9人民元(約34円)で販売されている激安ケーブルでiPhone 13を充電してみたユーザーがいたそうです。

iPhoneは充電を始めてくれはしたものの、突然きしむ音がして本体がどんどん熱くなり始めたとのこと。

試してみたユーザーは途中で充電をやめた上で「もう少し長く充電していたら、おそらく本体が焼けてしまうほどの熱でした」と証言しています。

環境保護のためiPhoneに充電器が同梱されなくなったことを受け、適当な安物で済ませてしまう人も少なくない充電器や充電ケーブル。これはAndroidスマホでも言えることです。

しかし実際のところ、iPhoneもAndroidスマホも20Wを超える急速充電をサポートするなどしており、スマホの充電器および充電ケーブルに求められる品質は年々高くなっている(=大電力を扱えるだけの品質が求められている)のが現状。

異常な発熱はケーブルや充電器が品質を満たしていないことを示すもので、最悪スマホが壊れてしまう、発火するなどの危険があるほか、バッテリーが急速に劣化するおそれまであります。

毎日使うからこそ、ちゃんと投資しておく必要がある充電器やケーブル。スマホを末永く安全に使うためにも、そろそろ意識を変える時期ではないでしょうか。

ちなみにiPhoneの場合、Appleの厳しい検査をパスした「MFi認証」を得た製品を使うのがオススメ。Androidスマホの場合も、なるべくAnkerなどの信頼と実績のある大手メーカー製品で固めてしまうのが安全です。

・関連記事
【豆知識】新しいスマホで古いmicroSDカードを使い回してはいけません | Buzzap!

小型で便利な急速充電器「Anker PowerPort III 3-Port 65W Elite」レビュー、3台同時充電対応でスマホやパソコンなど複数台持ちに超おすすめ | Buzzap!

かわいくて絡まない急速充電ケーブル「Anker PowerLine III Flow」レビュー、驚きの柔らかさと耐久性で使いやすさバツグン | Buzzap!

Ankerが大出力の小型モバイルバッテリー「PowerCore 10000 PD Redux 25W」電撃発売、PPS初対応でAndroidもiPhoneも急速充電できて限定割引も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング