300万円で家を持てる時代に、24時間で作れる3Dプリント住宅「スフィア」発売



さすがに狭いような気もしますが、300万円で家が建つ選択肢が生まれました。詳細は以下から。

日経新聞社によると、3Dプリンター製の格安物件が2022年にも販売開始となるそうです。

セレンディクス社は2021年11月中旬に3Dプリンター製の球体住宅「スフィア」を試作。「マイカーと同じように、マイホームを買い替えられる時代をつくる」として22年1月に企業向けに、同年夏には個人向けにも販売するとのことです。

スフィアは建築基準法の対象外となる床面積10平米以下を想定し、コンクリートなどで外壁や床を形成。耐震性は「ジオデシック・ドーム」と呼ばれる球体構造を参考にしており、強風などの災害にも強いとのこと。


3Dプリント自体は24時間で完成し、電気設備は人力施工ながら全体の作業は計3日間で完了します。

人件費や建材の物流費を減らすことで、このサイズでは300万円程度から建てられ、30年ともされる住宅ローンがゼロ、もしくは5年にまで短縮できるとしています。


デジタル技術を建築に 多様なニーズに3Dプリンターが応える - YouTube


ただし別途土地の購入が必要なため、都市部で建てると総額は膨らみそう。地方で余っている土地に建てるのが現実的かもしれません。

・関連記事
「回転する家」を建て、夫は愛する妻の長年の願いをかなえた | Buzzap!

モトローラの60年代の「未来の家」広告シリーズ、完全に分かっている | Buzzap!

「世界一孤独な家」としてネットで有名なあの家の正体 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング