Anker史上最高音質の「Soundcore Liberty 3 Pro」発売、進化したノイズキャンセリングやハイレゾ、耳の形に合わせた最適化など盛りだくさんの内容に



Ankerが最新のノイズキャンセリングや各種高音質化技術を採用した、同社史上最高音質の完全ノイズキャンセリングイヤホンを発売しました。

発売を記念して特別割引も行われています。詳細は以下から。

これが「Soundcore Liberty 3 Pro」本体。2019年に発売され、人気を博した高音質モデル「Soundcore Liberty 2 Pro」の後継機種にあたります。


前モデル同様、バッテリー駆動時間は最大32時間です。


高音と低音が調和した生演奏のような臨場感あふれるサウンドを実現するバランスドアーマチュアドライバーとダイナミックドライバーを同軸上に配置した独自の「同軸音響構造(A.C.A.A) 2.0」を採用。前モデルと比較して30%の小型化にも成功しています。


ソニーが開発した高音質コーデック「LDAC」にも対応し、臨場感あふれるハイレゾ音声をワイヤレスで楽しむこともできます。


そしてSoundcore Liberty 3 Proの大きなアドバンテージがAnker独自の「ウルトラノイズキャンセリング2.0」。


周囲のノイズを自動で検知し、強度を自動で切り替えてくれるようになりました。おまけに風切り音を低減するモードまで備えています。


そしてどうしても押さえておきたいのが「HearID」と「HearID ANCテスト」。ユーザーの耳が聞こえる音域や耳の形を測定することで、1人1人に合った音質やノイズキャンセリング性能を引き出せる最適化機能です。


各種イコライザーに加えて、立体的で広がりのある音場を再現できる「3Dオーディオ」など、音を楽しむための機能も充実しています。


ノイズリダクション機能を搭載した6つ(左右のイヤホンに各3つ)のマイクが周囲の雑音を除去するため、テレワークなどにも最適なほか……


スマホやパソコン、タブレットなど2台の機器に同時接続でき、必要に応じてワンタッチで切り替えられます。このあたりの機能を便利に感じるユーザーは相当数いるのではないでしょうか。


アプリでイコライザーの切り替えなども簡単です。


もともと高い音質で満足度の高かった人気機種「Soundcore Liberty 2 Pro」にさらなる高音質化技術を盛り込み、待望のノイズキャンセリング機能を採用したSoundcore Liberty 3 Pro。

ユーザー1人1人に最適な音質を提供する「HearID」や、Anker Soundcore Life P3で初めて実装されたユーザーの耳に合わせたノイズキャンセリングの最適化など、押さえておくべき点を徹底的に押さえてあります。

なお、気になる本体価格は19800円。発売記念セールとして、ミッドナイトブラックとクラウドホワイトの3000個限定でAmazonポイント20%還元される形での値下げが行われています。

Amazon.co.jp: Anker Soundcore Liberty 3 Pro(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.2)【ウルトラノイズキャンセリング 2.0 / ハイレゾ / LDAC / マルチポイント接続 / ワイヤレス充電 / 外音取り込み / PSE技術基準適合】ミッドナイトブラック : 家電&カメラ


Amazon.co.jp: Anker Soundcore Liberty 3 Pro(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.2)【ウルトラノイズキャンセリング 2.0 / ハイレゾ / LDAC / マルチポイント接続 / ワイヤレス充電 / 外音取り込み / PSE技術基準適合】クラウドホワイト : 家電&カメラ

・関連記事
AnkerがChromecast with Google TV対抗の「NEBULA 4K Streaming Dongle」発売、テレビがAndroid TVになる4K対応の高画質ドングル | Buzzap!

「Anker Soundcore Life P3」レビュー、ノイズキャンセリング性能を最大限引き出せてゲームモードやイヤホンを探す機能も搭載しお手ごろ価格に | Buzzap!

人気スピーカーフォン最新機種「Anker PowerConf S500」発売、より高音質・大音量で大規模ビデオ会議に最適、Zoom正式対応も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】auが「iPhone 12 mini(128GBモデル)1円」「回線契約なしで割引」で他社を圧倒、ドコモに落とし穴も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」うれしい値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 GT」ほぼ3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホが大容量モデルも割安に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台前半で格安スマホの決定版に
  5. Pixel 6を充電できない問題、不具合でなく低品質な充電器やケーブルが原因だった

モバイルに関連した楽天商品ランキング