KDDIが世界最速100Gbps超を256ビット暗号で初達成、Beyond 5G/6Gへのアルゴリズム「Rocca」を開発



5Gの次の世界、Beyond 5G/6Gの技術が日本でも着々と開発されています。詳細は以下から。

KDDI総合研究所のプレスリリースによると、同研究所は兵庫県立大学大学院情報科学研究科の五十部孝典准教授の研究グループと共同し、新しい共通鍵暗号アルゴリズム「Rocca」を開発したそうです。


「Rocca」はBeyond 5G/6G時代を見据えて開発されてきた、極めて高い処理性能に加えて世界最高の安全性を誇る256ビットの鍵長に対応した認証付きストリーム暗号。そのRoccaがこのたび256ビット暗号で世界最速となる、処理速度138Gpbsを達成しました。


現在世間では5Gの通信網の整備が大きな関心事となっていますが、KDDI総合研究所はその先のBeyond 5G/6G時代に求められる共通鍵暗号技術に以下の要件が求められていると指摘。

・通信速度のボトルネックとならない100Gbps超の処理速度を実現する
・量子計算機による解読への耐性を持たせるため、256ビットの鍵長をサポートする
・暗号化と認証機能を統合しデータが改ざんされていないことも保証可能なアルゴリズム(認証付き暗号)とする

Roccaはこれらのいずれをも満たす暗号アルゴリズムとして開発されてきました。

RoccaはPCやスマホのCPUで高速に処理できる演算をメインに、それらを効率よく並列処理して高速性を実現。また十分な安全性が確保できる構造に配置しています。



今後はさらなる高速化に加え、外部機関とも連携して詳細な安全性評価を実施してゆくとしています。また実用化に向け、スマホ上での動作など実際の利用を想定した環境での性能評価に取り組んでいくとのこと。

まだエリア問題の解決が課題となっている5G通信ですが、技術は着実にその先を見据えて開発されています。

・関連記事
【速報】「iPhone 12 mini実質1円」「回線契約なしでも割引」iPhone SE一括1円に続くドコモ、au、ソフトバンクのバトル続行 | Buzzap!

KDDIが使い放題で月額990円の「au応援割」など「つなぐ応援プログラム」第1弾開始、無料のAmazonプライムも付いて半年経過後も割安に | Buzzap!

「iPad mini Pro」発売か、120HzのProMotionディスプレイ搭載でぬるぬる表示に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング