「PS5」買取が10万円超えで本体価格の2倍に、転売需要さらに後押しか



発売1年を迎えたソニーの「プレイステーション5」の買取価格高騰が止まりません。

品薄を利用した転売需要が旺盛なようです。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、買取業者のPS5買取価格ページ。なんと通常モデルが100500円、ディスクドライブのないデジタル・エディションは87500円で買い取られています。

新買取価格表 | 「買取当番」東磐商事株式会社


メーカー希望小売価格がそれぞれ49980円、39980円で今年6月時点の買取価格が90500円、79000円だったことを考えると、驚かざるを得ない買取価格の高騰。ついに2倍に到達してしまいました。

なお、半導体不足の影響でPS5の生産台数は伸び悩んでおり、今期は「1600万台以上」から「1500万台」に引き下げ済み。

品不足による買取価格の高騰が転売需要を押し上げることもあって、入手困難な状況は来年以降も続くとみられます。

・関連記事
新型PS5をソニーが2022年に発売か、本体価格値下がりや薄型・低消費電力化に期待も | Buzzap!

【速報】ニンテンドースイッチ対抗の新型ゲーム機「GPD XP」値下げ再び、コントローラー交換可能でタブレットにもなるSIMフリーモデル | Buzzap!

PS5はPS4の販売台数を大きく上回る見通し、2025年には「PS6(仮)」に移行か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  4. 「Nothing Phone (2)」はSnapdragon 8 Gen 2+搭載のフラッグシップスマホか、12GBメモリや5000mAhバッテリーなど詳細判明
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング