「PS5」買取が10万円超えで本体価格の2倍に、転売需要さらに後押しか



発売1年を迎えたソニーの「プレイステーション5」の買取価格高騰が止まりません。

品薄を利用した転売需要が旺盛なようです。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、買取業者のPS5買取価格ページ。なんと通常モデルが100500円、ディスクドライブのないデジタル・エディションは87500円で買い取られています。

新買取価格表 | 「買取当番」東磐商事株式会社


メーカー希望小売価格がそれぞれ49980円、39980円で今年6月時点の買取価格が90500円、79000円だったことを考えると、驚かざるを得ない買取価格の高騰。ついに2倍に到達してしまいました。

なお、半導体不足の影響でPS5の生産台数は伸び悩んでおり、今期は「1600万台以上」から「1500万台」に引き下げ済み。

品不足による買取価格の高騰が転売需要を押し上げることもあって、入手困難な状況は来年以降も続くとみられます。

・関連記事
新型PS5をソニーが2022年に発売か、本体価格値下がりや薄型・低消費電力化に期待も | Buzzap!

【速報】ニンテンドースイッチ対抗の新型ゲーム機「GPD XP」値下げ再び、コントローラー交換可能でタブレットにもなるSIMフリーモデル | Buzzap!

PS5はPS4の販売台数を大きく上回る見通し、2025年には「PS6(仮)」に移行か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】auが「iPhone 12 mini(128GBモデル)1円」「回線契約なしで割引」で他社を圧倒、ドコモに落とし穴も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」うれしい値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 GT」ほぼ3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホが大容量モデルも割安に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台前半で格安スマホの決定版に
  5. Pixel 6を充電できない問題、不具合でなく低品質な充電器やケーブルが原因だった

モバイルに関連した楽天商品ランキング