【悲報】ドコモ「MNPでスマホ2万円割引」廃止、Androidは機種変更/新規/MNPすべて一律価格でiPhoneを買った30歳以下のみ優遇



ただでさえスマホの値上がりが続く中、ドコモが思い切った方策に打って出ました。詳細は以下から。

NTTドコモ公式通販サイト「ドコモオンラインショップ」では、2021年11月22日3:00現在iPhone 13 128GBモデルは11万1672円で販売されています。


ただしMNPであれば本体価格は8万9672円に値下がり。これは家電量販店などでも見かける「MNPで最大2万円割引」が適用されたためです。


一方のAndroidスマホ。先日発売されたばかりの「Xperia 5 III」は11万3256円ですが……


MNPでも値段は変わることなく、11万3256円のままです。


発売後かなり経過した「Galaxy S21」は9万9792円。


やはりMNPでも9万9792円のまま。どうやらドコモのAndroidスマホはMNPで割り引かれなくなったようです。


MNP割引があるiPhoneと、MNPでも割り引かれないAndroid。

一体どうしてこのような状況になったのかは不明ですが、確実に言えるのは国内最大の携帯電話会社でAndroidが不利になり、iPhoneが有利になったということです。

・12:42追記
ドコモオンラインショップの「11月19日以降の割引変更について」という告知で、その詳細が記されています。

まずMNPで「5G WELCOME割」が適用されても「iPhone 12、13を購入した30歳以下のみ20000ポイント進呈」に。Androidは全滅です。


「一括1円iPhone SE」を実現していた端末購入割引も、12月1日からは「購入時に利用者が30歳以下の場合20000ポイント進呈」となります。

・関連記事
Xiaomi「POCO X3 Pro」さらに値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台前半で格安スマホの決定版に | Buzzap!

Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」競合の半額以下に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電採用でマルチキャリア対応も | Buzzap!

【速報】1万円台の超格安パソコン「GREEN G1」登場、なかなかのCPUに8GBメモリ/128GB SSD採用で十分使える仕上がりに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】auが「iPhone 12 mini(128GBモデル)1円」「回線契約なしで割引」で他社を圧倒、ドコモに落とし穴も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」うれしい値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 GT」ほぼ3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホが大容量モデルも割安に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台前半で格安スマホの決定版に
  5. Pixel 6を充電できない問題、不具合でなく低品質な充電器やケーブルが原因だった

モバイルに関連した楽天商品ランキング