「Snapdragon 8 Gen 1」製造にTSMC参入で性能差に懸念、Samsungの製造能力に問題か



Samsung独占製造かと思われていたハイエンドスマホ向け最新CPU「Snapdragon 8 Gen 1」に異変です。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、クアルコムがSnapdragon 8 Gen 1の一部について生産をTSMCに委託しているそうです。

これは製造を手がけるSamsungの歩留まり(生産される製品から、不良品を引いたものの割合)が十分なものでないことを受けたもの。

Snapdragon 8 Gen 1は最新の4nmプロセスを採用しており、製造のハードルが高いためとみられます。


なお、TSMCも製造に参入したことで懸念されるのが「同じSnapdragon 8 Gen 1でも、TSMCとSamsungで性能が変わってくるのではないか」という点。

かつてiPhone 6sに採用された「Apple A9」では、TSMC製の方がバッテリー持続時間が2時間違う結果が出ただけに、「ファウンドリガチャ」を気にするユーザーも出てきそうです。

・関連記事
【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げで過去最安に、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ | Buzzap!

高性能な格安スマホを実現する「Dimensity 7000」登場へ、Snapdragon 870の対抗馬に | Buzzap!

Snapdragon 898(Snapdragon 8 gen1)は150W「超超急速充電」対応か、スマホを10分でフル充電も一部機種は非対応に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング