超々高性能スマホ登場へ、最先端「2nmプロセス」をTSMCが2024年にも導入し1nmプロセスも視野に

TSMCが、2024年から稼働予定のアメリカ工場に続いて台湾で新たな工場を建設予定。 2nmプロセスの導入でこれからのスマホがさらに大きく変わりそうです。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

「不良品率80%以上」サムスンの3nmプロセス危機的状況に、TSMC追撃に向けて生産工程見直しへ

世界に先駆けてスタートさせたSamsungの3nm製造プロセスに、思った以上に厚い暗雲が立ちこめていたようです。 2027年に1.4nmプロセスで半導体の量産を開始すると告知している同社ですが、はたして実現できるのでしょうか。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

サムスンがSnapdragon製造に再参入か、3nmプロセスはTSMCとのマルチ製造になる見込み

「Snapdragon 8 Gen 1」で65%にものぼる不良品率を記録し、重要な顧客を失ったSamsung。 はたして面目躍如となるのでしょうか。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

中国SMICがTSMCの技術を盗用した「7nmプロセスの半導体」実用化か、14nmから一足飛びに進化し独自プロセッサも開発中

「Apple A15」「Snapdragon 8 Gen 1」のような高い処理能力と低い消費電力を兼ね備えた最先端プロセッサを実現すべく、製造プロセスの微細化競争を進めるTSMCとSamsung。 そんな2社に追いつくべく自国製半導体の実用化を目指す中国が、「アメリカの技術を使えない」制約を受ける中でかなり最先端に近い半導体を完成させたようです。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

「Snapdragon 8 Gen 2/Gen 3」TSMCが製造独占へ、サムスンの一人負けが2025年まで続くことに

65%にものぼる不良品率を記録するなど、「Snapdragon 8 Gen 1」で手痛い失敗を経験したSamsungの苦境は当面続くことになりそうです。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)

【悲報】サムスンが「Snapdragon 8 Gen 1」不良品率65%で大苦戦、Gen 2の製造はTSMCに全量委託へ

Galaxy S22など、2022年のハイエンドスマホが採用する「Snapdragon 8 Gen 1」について非常に気になる情報です。詳細は以下から。 (さらに…) (続きを読む…)