「高温で充電は絶対にNG」iPhoneのバッテリー寿命を長持ちさせる最良の方法をAppleが公開、ケースにも要注意



スマホ本体の高価格化が進み、買い換えサイクルが伸びた昨今、どうしても避けて通れない問題がバッテリーの劣化。

「フル充電しても、すぐ電池が切れるようになった」となるのを可能な限り避けられる方法をAppleが公開しています。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのがAppleの特設ページ。バッテリーの「駆動時間」と「耐用年数(寿命)」を可能な限り延ばし、できるだけ交換せずに済む方法をまとめてあります。


とにかく大事なのが温度。35度を超えるとバッテリーに回復できない損傷を与えて寿命が短くなるほか、温度が高い状態での充電はより深刻なダメージを与えます。もちろん周辺温度が高い状況での保管もNGのため「真夏の車内に放置」などは絶対に避けるべきです。


iPhoneやiPadなどに最適な温度は0~35度。低温すぎてもバッテリーの駆動時間が短くなるものの、高温の時と違ってバッテリーの劣化は避けられるようです。


MacBookに最適な温度は10~35度。スマホほど過酷な環境で使うことは少ないかもしれませんが、気をつけるにこしたことはありません。


また、注意しておきたいのが本体ケース。熱がこもりやすいものがあるため、充電時に本体が発熱するようなら外した上で充電することが推奨されているほか、長期保管する場合はバッテリーを50%まで充電した状態にすると劣化を避けられるようです。

・関連記事
【厳重注意】iPhone 13に安物の充電器やケーブルを使ってはいけません、もちろんAndroidスマホにも | Buzzap!

スマホ5000台を充電できる27000000mAhの超巨大モバイルバッテリー颯爽登場、テレビや洗濯機、炊飯器も使えます | Buzzap!

「1回の充電で1週間使えるスマホ」を実現する「VTFET」をIBMとSamsungが開発、処理能力を2倍向上させることも | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう