「1回の充電で1週間使えるスマホ」を実現する「VTFET」をIBMとSamsungが開発、処理能力を2倍向上させることも



スマホの利用シーンが大きく変わるかもしれません。詳細は以下から。

IBM公式ページ(※2021年12月14日15:55現在閲覧不可)海外メディアの報道によると、IBMとSamsungがサンフランシスコで開催されたIEDMカンファレンスにおいて、トランジスタをチップ上に垂直に積み重ねる新しい設計技術「VTFET」を発表したそうです。

現在、スマホやパソコン向けのプロセッサは平面に配置されたトランジスタを電気が流れていますが、VTFETでは垂直方向に配置されたトランジスタを電気が流れるとのこと。

これにより現行のFinFET技術の限界を超えた形でパフォーマンスを引き出すことができる上、電力効率が飛躍的に向上するため、プロセッサの性能を2倍に向上させられるようになります。

また、消費電力を85%抑えることも可能で、将来的に「1回の充電で丸1週間動くスマホが登場する可能性がある」とされており、まさに世界を変える技術となりそうです。

・関連記事
初のSnapdragon 8 Gen 1スマホ「Moto Edge X30」に発熱問題、2022年はアチアチスマホだらけに | Buzzap!

【悲報】楽天モバイルのiPhone、バッテリー消費が激しすぎることがauとの徹底比較で明らかに | Buzzap!

バッテリー容量2倍で充電時間半分、寿命も1.5倍の安価な「3Dバッテリー」開発、EVに革命をもたらす新技術に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング