「iPhone 12」大幅値下げでミドルレンジAndroid駆逐か、iPhone 12 miniもiPhone SE(第3世代)に迫る格安モデルに



ミドルレンジAndroidスマホ市場にとって、驚異的な存在となるかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、AppleがiPhone 12およびiPhone 12 miniの値下げを計画しているそうです。

現在同社はiPhone SE(第3世代)を429ドル、iPhone 11を499ドル、iPhone 12を699ドル、iPhone 13を785ドルで販売中。

しかしiPhone 14発売に合わせてiPhone 12を599ドル、iPhone 12 miniはiPhone SEに迫る499ドルに値下げし、iPhone 11を販売終了する見込みとのこと。

500ドル前後で買えるiPhoneのラインナップが充実することで、ミドルレンジAndroidスマホ市場に影響を及ぼすこととなりそうです。

・関連記事
【速報】超格安パソコン「GREEN G1」値下げで2万円に、十分使えるCPUに8GBメモリ/128GB SSD採用でドンキPCなど圧倒 | Buzzap!

iPhone 12の格安な整備済製品(リファビッシュ品)ついに登場、Pro Maxも選択肢に | Buzzap!

【速報】「Xiaomi Pad 5」値下げ再び、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデル大容量版が格安に | Buzzap!

【速報】Xiaomi新型格安スマホ「POCO X4 Pro」値下げで3万円に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、液冷機構搭載でマルチキャリアにも対応 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう