サムスンとアップルがスマホシェア急上昇でツートップに、中国メーカーは劣勢で明暗分かれる



好調だった中国メーカーの成長に陰りが見え始めました。詳細は以下から。

調査会社「Canalys」のレポートによると、2022年第1四半期のスマホ出荷台数が前年比11%の落ち込みを見せたそうです。

しかしミドルレンジ~エントリーモデルにあたるGalaxy Aシリーズに注力したSamsungとiPhone 13が堅調なAppleは売れ行きを伸ばしており、トップ2社でシェアは4割以上に。

一方、Samsungのように自社で主要部品を製造しておらず、Appleほど強固なサプライチェーンも構築できていないXiaomiやOPPOなどの中国メーカーは不振に見舞われており、Vivoを含めた上位3社のシェアは3割程度にとどまっています。

1位:Samsung(22%→24%)
2位:Apple(15%→18%)
3位:Xiaomi(14%→13%)
4位:OPPO(11%→10%)
5位:Vivo(10%→8%)

ともすれば2億台近いスマホの需要が失われると見込まれている2022年。

半導体不足が予想より早く解決する可能性があるとされている一方、ロシアとウクライナの戦争や中国のロックダウンなど不確定要素も多いため、メーカー各社は厳しい舵取りを強いられることとなりそうです。

・関連記事
グーグルとアップルがちんこ勝負へ、「Pixel 7」が「iPhone 14」に発売時期をぶつける可能性 | Buzzap!

【悲報】iPhone 14、iPhone 13とほぼ変わらない仕様に | Buzzap!

世界初の360度折りたためるスマホ「Xiaomi Mix Fold 2」まもなく発売か、4年越しで製品化へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  2. 【速報】8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  3. 【速報】8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  4. 【速報】格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  5. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に

モバイルに関連した楽天商品ランキング