「WiMAX 2+」の周波数帯が5Gに転用へ、iPhone 14への布石か



WiMAX 2+が5Gへと置き換わることになりました。詳細は以下から。

UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は2022年9月1日以降、WiMAX 2+の周波数帯(2.5GHz帯)の一部を5Gサービスへと振り向けるそうです。

まずは東名阪の主要都市部の一部地域から同周波数帯で5Gサービスを順次開始するとのこと。5Gへの転用が行われる地域ではWiMAX 2+の速度が下り最大440Mbpsから下り最大220Mbpsに順次変更されます。

2022年9月末時点での転用エリア。山手線内の「通信量が特に多いエリア」を対象にしているのがよく分かります。

縮退マップ|対応サービスエリア|UQ WiMAX(wifi/ルーター)【公式】


なお、WiMAX 2+対応ルーターを利用しているユーザーに対しては、4G LTEも使える「WiMAX +5G」対応ルーターへ手数料0円で移行できる措置が実施されるとのこと。

「9月から開始」ということは、iPhone 14商戦に向けて5Gネットワークを強化する意図があるようです。

・関連記事
povo 2.0が無料で「データ使い放題」配布の大盤振る舞い、ユーザーのGW(ギガウィーク)を応援 | Buzzap!

「WiMAX +5G」大幅値下げで月額4268円に、ドコモ「home 5G」を大きく下回り契約期間の縛りも一切無しに | Buzzap!

機種変更割引の「au Online Shop クリアランスセール2022GW」開催、Xperia 1 IIIやAQUOS sense 5Gなどが対象で新規やMNPもお得に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  2. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  3. 【速報】8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  4. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に
  5. 【速報】8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング