【豆知識】楽天モバイルのスマホ、基本料0円の「povo 2.0」などau回線に乗り換えるとそのまま使えます



「1GBまで0円」終了で他社に乗り換えたい、でも自分のスマホがどの会社の回線に対応しているか分からない……そんな人に朗報です。詳細は以下から。

まず理解しておきたいのが、楽天モバイルのスマホはすべて「パートナー回線」に対応しているという点。


パートナー回線は足りないエリアを補うためのもので、建物の中でもつながりやすいauのプラチナバンド(800MHz帯)LTEが提供されています。


そのため「Rakuten mini」「Rakuten Hand」「Rakuten Hand 5G」「Rakuten BIG」「Rakuten BIGs」といった楽天モバイルオリジナルスマホすらau回線、ひいては基本使用料0円の「povo 2.0」で快適に使えるわけです。


ちなみにRakuten HandはソフトバンクのプラチナバンドLTE非対応。乗り換え先次第では通信エリアが狭くなる可能性がありますが、au回線であれば問題なく使えます。

・関連記事
基本料無料の「povo 2.0」継続をKDDI高橋社長が明言、楽天の0円廃止で申し込み約2.5倍に | Buzzap!

楽天モバイル「格安の5G使い放題サービス」をホームルーターで2022年12月に提供へ | Buzzap!

楽天モバイルのパートナー回線エリアついに全国で縮小へ、自社回線に順次切り替え | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング