楽天モバイルのパートナー回線エリアついに全国で縮小へ、自社回線に順次切り替え



第4の携帯電話会社としてゼロから整備を進めてきた楽天モバイルの自社回線エリアが、ついに47都道府県をカバーします。詳細は以下から。

楽天モバイルのプレスリリースによると、同社は2022年4月以降、全国47都道府県の一部地域でKDDIが提供するパートナー回線を用いたローミングサービスから、楽天回線によるサービス提供へと切り替えていくそうです。

今回切り替えが開始されるのは岩手、山形、山梨、和歌山、島根、高知、長崎、鹿児島の8県。これにより全国47都道府県で楽天モバイル自社回線エリアの整備が進められることになります。


なお、4月以降に楽天モバイルがつながりにくくなった場合「楽天モバイルコミュニケーションセンター」に連絡すると、個別調査の上でスマホの貸し出しなどの対応が行われるとされています。

・関連記事
楽天モバイルがエリアや店舗網さらに拡大へ、 新たな執行体制で第2フェーズに | Buzzap!

楽天モバイル「3ヶ月無料」突然終了へ、新たなキャンペーンへの布石か | Buzzap!

【悲報】楽天モバイルもはや虚偽広告、「2021年夏頃までに人口カバー率96%」を2022年になっても売り文句に | Buzzap!

楽天モバイルのiPhone着信できない問題で「パートナー回線(au)でなく楽天モバイルのネットワークが原因」と改めて告知、誤解を招く表現が問題に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  2. 【速報】8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  3. 【速報】8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  4. 【速報】格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  5. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に

モバイルに関連した楽天商品ランキング