ファーウェイが下り最大10Gbpsの「5.5G(5G-Advanced)」推進、超高速通信や超低遅延のほか高精度測位も



アメリカの制裁を受けてなお研究開発に莫大な投資を続けるHuaweiが、5Gの通信速度を飛躍的に引き上げます。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、HuaweiやChina Mobileが「5G-Advanced」の新機能および産業開発ホワイトペーパーを共同でリリースしたそうです。

5G-AdvancedはHuaweiが提案していた「5.5G」と同じもので、下り最大10Gbps、上り最大1Gbpsの超高速通信はもちろんミリ秒レベルの低遅延、低コストのIoTデバイス実現、高精度の測位など、ネットワーク接続を超えた機能までサポートするとのこと。

3GPPのリリース18で仕様が策定される予定で、商用化にはまだ時間がかかるとみられますが、通信速度だけでなく通信容量が大幅に引き上げられることでレベル4の自動運転をはじめとした技術革新の実現に寄与することとなりそうです。

・関連記事
5Gの人口カバー率が2023年度末に95%に拡大へ、携帯電話や光ファイバーを使えない地域まもなく解消 | Buzzap!

楽天モバイル「格安の5G使い放題サービス」をホームルーターで2022年12月に提供へ | Buzzap!

「WiMAX 2+」の周波数帯が5Gに転用へ、iPhone 14への布石か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 超格安スマホ「POCO C40」爆誕、ユニークすぎるプロセッサで低価格を実現
  2. 【朗報】Xiaomi「POCO F3」大容量モデル値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」の第2世代Tensorは処理能力がほとんど向上しない可能性、競合各社に大きく後れを取る性能に
  5. 「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万5000円に、120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング